FC2ブログ

Entries

テジャングムの水剌間(スラッカン)がよみがえるー景福宮・王室の台所、復元工事中

昨日、景福宮は無料参観日で、大勢の観光客で賑わっていました。

2013年9月19日 景福宮無料参観日

景福宮を訪れたことのある人の中には、景福宮の東側、国立民俗博物館から近い所に、
工事中の一角があることに気づいた人もいると思います。
進行中なのは、「소주방(焼厨房 ソジュバン)」の復元工事。
「焼厨房」は、王室の料理を作った台所のこと。
「宮廷女官チャングムの誓い」など韓国の時代劇でおなじみの、韓国の宮廷料理。
その台所は、ドラマでは「수라간(水剌間 スラッカン)」(「水剌」は、王の食事)
という呼び名でよく出てきましたが、文献では主に「焼厨房」という名称が使われている
そうです。

景福宮、昌徳宮など朝鮮王朝時代の5大王宮中、王室の料理を作っていた台所は、
ひとつも残っていません。
景福宮では、日本の植民地時代になくなった焼厨房の復元工事を、2011年9月に開始。
総額137億ウォン(約12億3,300万円)を投じ、17の建物を建設中で、今65%くらいまで
進行中。
来秋には、その焼厨房が100年ぶりによみがえる予定です。
建設現場の写真です。

2013年9月19日 スラッカン復元6

工事現場の周囲には、いくつもの看板がかかっています。

2013年9月19日 スラッカン復元1

2013年9月19日 スラッカン復元2 2013年9月19日 スラッカン復元3

2013年9月19日 スラッカン復元4 2013年9月19日 スラッカン復元5

おいしそうですね~
焼厨房に展示される宮廷料理は、1795年、正祖の母の還暦祝いの宴を記した資料等に
基づき、作る予定だそうです。
ドラマ「イ・サン」に出ていた正祖役のイ・ソジンや、母親役のキョン・ミリを思い出し
ますね。


ところで、時代劇を見ていると、宮廷料理は常に美しい宮女たちが作っていたような
印象がありますが、実際は違ったようです。
普段の食事は宮女が作っていたけれど、宴の料理は、
「대령숙수(待令熟手 テリョンスクス)」と呼ばれる多くの男性料理人が入宮し、
作っていました。
朝鮮王朝末期、宮中での職を失った彼らは、街に出て高級韓国料理店のコックに。
こうして、宮中の宴会料理が、一般に知られることとなりました。


景福宮の復元焼厨房では、「テジャングム」など韓国の時代劇や、宮廷料理に魅せられた
外国人観光客が、宮廷料理を体験できるようなコースも作る予定だそうです。
楽しみですね。
来秋は、おそらく私はソウルにはもういないでしょうけど、復元されたらぜひ
訪れてみたいです。

参考記事:2013年9月17日 中央日報




スポンサーサイト



Comment

 

宮廷料理、おいしそう。でも、毎日食べてたら、おなか壊しそうだな。王様は大変です。🐼
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.09/25 08:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR