FC2ブログ

Entries

アナタ、ナニジン?

みなさんは、外国人に間違えられたこと、ありませんか?
ソウルに住んでいると、日本人観光客、中国人観光客は、すぐに見分けがつきます。
が、ときどき、「この人ナニジンだろう?」と、見た目だけではわからない人も。

私の連れ合いは、体系はいかにも日本人(どんな?^_^;)ですが、
顔立ちは韓国人に似ています。
韓国語が堪能なこともあり、よく韓国人に間違えられます。
ある日、彼が一人でタクシーに乗ったときのこと。
彼を韓国人だと思って疑わなかった運転手は、日本の悪口をペラペラペラペラ。
しゃべるだけしゃべって、乗客の受け答えから、どうもおかしい、
韓国人じゃないと気づき、「あんたどこの国?」
「日本人です……」
とたんに運転手は、「いやあ~日本は実にいい国だねえ~」
と180度評価を変えたとか。
まあ、最初から日本人とわかった上で、日本の悪口をいっぱいしゃべる運転手も
いますが。

私は若いころ、よく中国人に間違えられました。
20代のときの北京留学中はもちろんのこと、シンガポールなど中国語圏でも、
よく道を聞かれたりしました。
まあ、留学中は、その文化に馴染んで生活していますから、顔立ちだけでなく、
しぐさとか、雰囲気とかも影響を受けていることも、間違えられる原因なんでしょう。
ショック?だったのは、日本の専門学校や高校などで働いていたときも、
同僚や保護者、生徒の一部から、中国人だと思われていたことです。
「先生、日本語が本当にお上手ですね~」
(@_@;)
私、日本人なんですケド……よほど私の日本語は、外国人っぽかった?

韓国に住み始めてからは、いろいろです。
明洞、仁寺洞など、日本人観光客の多いところでは、店員さんも日本人識別能力が
高いのか、こちらの姿を見ただけで、日本語で話しかけてきます。
でもなぜか、街を歩いていると、道をよく聞かれます。
声かけやすいのかな? それにやはり、観光で来ているのではなく生活しているので、
韓国人の人の波に溶け込んで歩いてはいるんでしょうね。
でも、道を聞いてきた相手は、すぐに私が日本人だということに気づきます。
ひとつは、日本語っぽい韓国語の発音が原因なんでしょうね。
そしてもうひとつは……これは私が勝手に考えていることなんですが、
顔のシミやホクロをとってないので、日本人だと気づくんじゃないかと。
私に話しかけてくる韓国人は、ほとんどの人が、私の顔を見たとたん、
「あ~しまった~日本人に道聞いちゃった~」と、困った表情になるんです。
慣れたけど、やっぱりイヤです。

面白いのは、ここ数年、中国語圏に行っても、もう中国人に間違えられないこと。
「日本人か?韓国人か?」ってよく聞かれます。
昔と違って、中国人も海外へ出る人が増え、識別能力が高くなったこともあるかも
しれませんが、本当に不思議です。
今私がソウルに住んでいて、韓国文化の影響を受けているせいもある?


ナニジンに見られるかは、顔立ち、服装などの外見、文化の影響がもちろん関係ある
でしょう。
あと、もしかしたら、話す言語も無関係ではないのかな、と思います。
それは、言語による口の動かし方の違いです。
日中韓の言語で、一番筋肉を使うのが中国語、次が韓国語。
最も口の動きが少ないのが、日本語。
科学的に調べたわけじゃないけど、自分で発音しているときを比較して、そう感じます。
日本人から見ると声の大きい韓国人も、中国人の声の大きさにはびっくりしていますが、
この声の大きさの違いも、民族の性質だけでなく、発声の違いと関係あるかもしれません。
5年前に韓国語の勉強を始めてから、中国語をほとんどやらなくなってしまったんですが、
最近中国語の試験を受けるためもあり、再開しました。
韓国語との顔の筋肉の使い方の違いを、実感しています。
私が中国人に見られなくなったのも、中国語をほとんど使わなくなって、顔の筋肉が
衰えたから?(そこまでたくさん中国語を使っていたわけじゃないんですが)

それで思い出したことがあります。
もうだいぶ前ですが、テレビで見た、中国残留日本人孤児の妹と、
戦後すぐ日本に戻った姉との数十年ぶりの再会。
妹は、中国の田舎で苦労したせいか、日本のお姉さんより老けてみえました。
そして、姉妹なので顔は似ているけど、妹はどうみても中国人の顔なんですね。
お姉さんは、いかにも日本人の顔立ちです。
同じ姉妹なのに、環境でこんなに顔の見え方が変わるなんて!
そのときふと思ったのは、話す言語が、顔の筋肉とか、顔立ちに影響を与えている
んじゃないかということでした。


まあでも、西洋人やアラブ人などから見たら、東アジアの人はみんな同じに
見えるでしょうね。
4年前、チュニジアに行ったときのこと。
すれ違う人すれ違う人、そのほとんどが、「ニーハオ!コンニチハ!」
と声をかけてくるのです。
「ジャッキーチェン!」「ナカタ!」も多かった。
逆に東アジアの人間からは、中東の人特に男性は、みな同じに見えますけど(^_^;)

2013年8月 仁寺洞サムジキル

仁寺洞にて
スポンサーサイト



Comment

 

ぱんだに国籍はないね。ぱんだ、みなきょうだい🐼
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.09/25 09:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR