Entries

2013年8月全羅道の旅 禅雲寺、古敞支石墓

全羅道旅行2日目の8月17日は、全羅北道の禅雲寺(ソヌンサ)と
古敞(コチャン)の支石墓遺跡へ。

まず、光州のバスターミナルから禅雲寺行きのバスで、
禅雲寺へ向かいました。
所要時間1時間半くらいだったかな?
禅雲寺は、6世紀の百済時代創建と伝えられている、
全羅北道の代表的な寺のひとつです。
敷地内にある茶畑は、ドラマテジャングムのロケ地でもあります。

このお寺を訪れたのは、韓国人にぜひ、とすすめられたからです。
特に見てほしいと言われたのが、高麗時代のものとみられる磨崖仏。

2013年8月17日 禅雲寺3

顔は、決しておだやかでやさしいという感じではありません。
できたころの世の中を反映しているのでしょうか?
この仏像は、19世紀末の甲午農民戦争(東学党の乱)の東学党との関連も
あるそうです。
当時を知るカギとなる仏像なのでしょうか?

お寺の入口からこの磨崖仏に辿り着くまで、結構時間がかかりました。
ちょっとした山歩きのようでした。
車道もあるので、車でも行けますが……
いい運動にはなりました。
見応えもありましたし、行ってよかったです。
でも春や秋は、もっと気持ちいいだろうなあ。
夏はやはり暑い(^_^;)

2013年8月17日 禅雲寺4

磨崖仏を見に行くのに時間がかかったし、古敞の支石墓遺跡にも行きたかったので、
お寺の他の部分はあまりじっくり見られず、テチャングムのロケ地も、
看板だけ写真でーー
一枚は、お寺の入口です。

2013年8月17日 禅雲寺1 2013年8月17日 禅雲寺2

次は、バスで古敞の支石墓遺跡へ。
といっても、支石墓遺跡近くには停留所がないので、途中でとめてもらって下車。
支石墓博物館見学の後、支石墓をぐるっと30分くらいで回る乗り物で見ました。
ちょっとせわしなかったけど、歩いて見て回るのには暑いし、もう夕方であまり
時間もなかったので、乗り物があったおかげで何とか見ることができました。
機会があったら、次はもうちょっとゆっくり見たいです。

2013年8月17日 古敞1 2013年8月17日 古敞2







スポンサーサイト

Comment

 

ぱんだパパもんも、磨崖仏に手をあわせました。ご利益で、笹いっぱいもらえるかな?
  • posted by ぱんだパパもん 
  • URL 
  • 2013.08/23 02:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR