Entries

光州〜釜山 ムグンファ号で

韓国地方旅行最終日の4日目の今日、8月19日。
最初は、全羅道潭陽に行く予定でした。
しかし、三日間暑い中歩き回り、疲れ、電池切れ。
しかも最終日は、重い荷物を全部持ち歩かなきゃ
いけません。
汗かきながらは、かなりツライ。
明日からの生活にも、ひびきます。
そこで、普段なかなかできない列車の旅を楽しむことに、
家族と相談して決めました。
重い荷物持たなくていいし、車内は涼しいし、景色も
見られる!ということで。

光州の松汀駅〜釜山の釜田駅まで、ムグンファ号
約6時間の旅。
チケット売り場のお姉さんは、とてもフシギそうに
していましたが。
私は日本で、テッチャンまではいかないけど、
列車の旅は大好きで、よくあちこち行ってました。
青春18きっぷもよく使っていたので、一日乗ってるのは
大丈夫。

車窓風景は……
朝鮮半島南部を西から東に移動するので、海が見られたら
一番いいのですが、残念ながら、ほとんど海は見えず。
それでも、山や川、田園風景が見られて、面白かったです。
でも、一番面白かったのは、慶尚道に入ってから乗ってきた
お客さんの言葉!
今まで三日間耳にしていた全羅道の人のなまりと違う。
ああ〜慶尚道に来たなあ〜と実感。
あと、慶尚道に入り、晋州を過ぎたあたりから?
よく覚えてないですが、複線になり、トンネルも多くなり、
速度もアップ。同じ国なのに……
高層ビルも、増えました。
全羅道では、ここ人住んでるのかな、という感じの風景を
見てきたので、対照的です。

非効率な旅ではあるけど、観光地でもないただの田舎町を
こうして見てみると、その土地の人の暮らしが
ちょっとだけでものぞくことができる……
なかなか、やめられないです。

今、ソウルに戻るKTXの中です。
また落ち着いたら、今回訪れた所、紹介します^ ^
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR