Entries

ソウル 平倉洞(ピョンチャンドン) カナアートセンター 美術展(彩色画第2部)

2013年6月24日のブログ記事
「ソウル平倉洞 カナアートセンター 開催中の美術展&カフェmotte」
で紹介した美術展、昨日第2部を見て来ました。

2013年8月11日 カナアートセンター1 2013年8月11日 カナアートセンター2

第1部が册架図、牡丹図、長生図中心だったのに対し、
第2部は花鳥図、龍虎図、文字図が中心です。
文字や文具を描いたものには刺繍作品もあり、とてもきれいでした。
動物関係では、いろいろな動物を描いた百獣図も面白かったですが、
虎の絵も、なかなかユーモラスでした。
次の2枚の写真は、いずれも新聞の展覧会紹介記事の一部を撮ったものです。
毛皮のは「虎皮図」なんですが、シマシマじゃなく斑点だから、豹みたいですね。
装飾用としての用途だけでなく、厄除けの意味もあったそうです。
もう1枚の写真、虎の顔が斑点。
虎も豹も一緒くただったんでしょうか?
それとも、虎ってこんな顔してましたっけ?

2013年8月12日 カナアートの記事・虎皮図 2013年8月12日 カナアートの記事・虎

昨日は18時近くに着いたんですが、日曜日なのにガラガラ。
というか、途中でお客さんが一人入ってきて、急ぎ足でさーっと見て行った以外
誰も来なくて、展覧会場独占状態でした。
おかげでゆっくりじっくり見られましたが、ちょっとさみしいというか、
もったいないですね。

8月20日まで(すみませんもうすぐ終わり!)、10~19時、大人5,000ウォン。
行き方は前の記事に書いてあるので、興味ある方は確認してくださいね。
2013年5月22日のブログ記事
「ソウル おすすめの美術展 湖林博物館新沙分館の民画展」
で紹介した展覧会の方が、見応えあるかなあ。
こちらは、9月14日までです。
でも、関心ある人には、できれば両方見てもらいたいです。




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR