FC2ブログ

Entries

ソウルから日帰りで江原道束草へ 行き方、楽しみ方

海外から韓国の地方旅行に行く場合、一部の都市を除いて、ホテルの予約
や移動手段などが不便なことが少なくありません。
でもできれば、ツアーでなく個人旅行で地方へ行きたい。
そんなときは、予約の手間などを考えたら、ソウルを拠点に、あるいは釜山
を拠点に日帰りで地方の旅、という楽しみ方を選択すると、便利です。
大きな荷物を部屋に置いていけますし、韓国は高速バスが発達している
ので。

ソウルから日帰り地方旅行をする場合は、一番便利なのは京畿道でしょう。
あるいは、忠清道とか。
できればもうちょっと遠くへ、でも、できれば移動時間があまり長すぎない
ように。
そしてさらに、到着してからの移動が楽なほうがいい。
そんな場合は、前回冷麺を食べに行った話をした、江原道束草がおすすめ
です。

束草へは、東ソウル総合バスターミナルから行きます。
最寄り駅は、地下鉄2号線江辺(カンビョン)駅です。
所要時間は、ここから大体2時間半です。
以前はもっと時間がかかり、遠いなあという印象でしたが、トンネルが
できたことによって、ずいぶん短くなりました。
車窓風景も、景色をのんびり眺めるというよりは、トンネル、またトンネル
です。

束草日帰り旅のいいところは、高速バスターミナルに到着してから、徒歩で
移動が可能な点です。
もちろん、バスやタクシーもうまく利用したらいいと思いますが、昼頃到着
して、夕方まで観光できるなら、美しい海を見ながら歩いても楽しいです。

私たちは、前回書いたアバイマウルにまず行き、その後時間的にも可能
だったし、快晴だったので、せっかくだから灯台まで行こう、と、灯台まで
歩きました。
帰りも同じ道を、高速バスターミナルまで歩きました。
片道1時間10分くらいだったでしょうか。
しんどければ、片道だけ乗り物に乗ってもいいですね。
道は簡単で、バスターミナルからとにかく北上していけば、アバイマウル、
そして灯台まで行けます。
これも、束草観光のうれしいところです。

写真は、灯台への道。
車道を、写真左の絵のあるところで曲がり、写真右のような坂道を上って
行くと、灯台に着きます。
以前灯台に行ったときは、こういうかわいい壁画はなかったです。
韓国らしくて、楽しいです。

2020年1月5日 束草灯台への入口 2020年1月5日 束草灯台への道

写真は、灯台展望台からの眺めです。

2020年1月5日 束草灯台展望台より



スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR