FC2ブログ

Entries

ソウルから日帰りの旅 全羅南道霊光の絶品クルビを味わいに

今月初の韓国旅行では、ソウルに連泊し、ソウルを拠点に地方へ日帰り旅行
をしました。
全羅南道霊光と、江原道束草。
今日は、霊光再訪&絶品クルビの話です。

2018年7月、全羅南道名誉広報大使 新開ミヤ子先生の全羅南道視察団に
参加。
先生が薬膳料理研究家ということもあり、3泊4日の美食ツアー。
こんなにおいしいものがあったなんて!と感激の連続の旅でした。

アワビ、ハモ、韓牛その他、短い期間、多くの美食に出あったのですが、
一番「もう一度食べたい」と思うものは何かというと、霊光の絶品クルビで
した。
今回、それがかないました。

2020年1月3日 麗光クルビ1 2020年1月3日 霊光クルビ2

お店はもちろん、2年前行った「多浪佳地」(다랑가지)へ。
霊光のバスターミナルを降り、路線バスではどう行ったらいいかよくわから
なかったし、ソウルからの日帰り旅であまり時間に余裕がなかったので、
タクシーに乗り、店の名前を告げました。
運転手さんは店名をよく知らなかったようで、店の看板が見え、ああここ
です、無事着いてよかった~と感動していたら、「この店の親戚か何かか?」
と聞かれました。

久しぶりに食べたクルビは、やはりおいしかったです!
カルチ(太刀魚)の揚げたものや、カニ、各種野菜のおかずも、丁寧に作られ
ていて、上品な味で、どれもおいしかったです。
1人3万ウォン(大体3,000円くらい)で、注文は2人以上で。
家族と二人、食卓にずらりと並んだごちそうを完食したら、店員さんが感激
して、空になった食器を撮影していました。
店員さんには、霊光まで来た経緯を話しました。
やはり、気持ちは伝えたいですものね。
こういう交流も、旅の醍醐味です。

今回の霊光訪問については、交通のことや、店の近くにある仏教渡来地
訪問の話など、またしたいと思います。

クルビについては、2018年7月31日のブログ
全羅南道の旅9 霊光(ヨングヮン)の絶品クルビ
をご覧ください。

2020年1月3日 霊光クルビ3


スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR