FC2ブログ

Archive [2020年01月 ] 記事一覧

江原道束草 変わったなあと思うところは

今月初旬、ソウルから江原道束草に日帰りで行って、前と変わったなあと思う点がいくつかありました。束草訪問は、延世大語学堂の卒業旅行を含めたら4回目ですが、個人的に、アバイマウル訪問が主で行ったのは、今回で3回目。最初が2006年暮れ、次がソウルに住んでいた2012年の秋、そして今回です。今回、高速バスターミナルからアバイマウルへと歩く途中、前と町の印象が違う!と思った主な原因は、高層住宅の増加です。前は、こ...

ソウルから日帰りで江原道束草へ 行き方、楽しみ方

海外から韓国の地方旅行に行く場合、一部の都市を除いて、ホテルの予約や移動手段などが不便なことが少なくありません。でもできれば、ツアーでなく個人旅行で地方へ行きたい。そんなときは、予約の手間などを考えたら、ソウルを拠点に、あるいは釜山を拠点に日帰りで地方の旅、という楽しみ方を選択すると、便利です。大きな荷物を部屋に置いていけますし、韓国は高速バスが発達しているので。ソウルから日帰り地方旅行をする場合...

ソウルから日帰りで江原道束草へ 冷麺を食べに

今月初旬のソウルからの日帰り旅。前回まで紹介した全羅南道霊光と、もうひとつ江原道束草へ行ってきました。目的はいくつかありましたが、一番は、おいしい冷麺とスンデを食べること!日本に完全帰国してからだいぶ経ちますが、なつかしい韓国の食べ物の中でも、特に冷麺は、たまに本場へ行って食べたい食べ物です。帰国後も、ソウルの旅では何度か食べたけど、久しぶりに束草のアバイマウルで食べたい、と思っていて、今回それが...

ソウルからバスで全羅南道霊光へ

今日は、今月はじめにソウルから全羅南道霊光まで日帰り旅行をしたときの交通手段についてです。列車で行ければとは思ったのですが、霊光の場合バスのほうが便利なようだったので、バスで行きました。ソウルから地方へバスで行くときは、いくつかのバスターミナルがありますが、霊光へ行くときは、地下鉄3号線の高速ターミナル駅で降り、ソウル高速バスターミナルから行きます。バスターミナルから霊光のバスターミナルまで、大体...

パソコンを新しくしました

こんにちは。前回の記事アップから、時間が経ってしまいました。苦手なパソコン。Windows7を使い続けていましたが、サポート終了ということで、重い腰をあげ、10にしました。が、初期設定その他に手間取りました。何とかこうして更新できそうなので、ひとまず報告を。韓国の旅の報告は、またおいおいにしていきたいと思います。...

全羅南道霊光 百済仏教最初渡来地へ

ソウルを早朝出発し、高速バスで全羅南道霊光のバスターミナルに到着してから、タクシーで海沿いの法聖浦(ポプソンポ)に移動。まず最初の目的は、前回アップしたクルビを食べるためでした。そして次は、クルビの店からも近い、仏教渡来の地へ。お店の人から、「次はどこへ?」と聞かれ、仏教渡来地に行きたいと言ったところ、車で入口まで案内してくれました。歩いても十分行ける距離ですが、初めての道ですし、少し不安ではあっ...

ソウルから日帰りの旅 全羅南道霊光の絶品クルビを味わいに

今月初の韓国旅行では、ソウルに連泊し、ソウルを拠点に地方へ日帰り旅行をしました。全羅南道霊光と、江原道束草。今日は、霊光再訪&絶品クルビの話です。2018年7月、全羅南道名誉広報大使 新開ミヤ子先生の全羅南道視察団に参加。先生が薬膳料理研究家ということもあり、3泊4日の美食ツアー。こんなにおいしいものがあったなんて!と感激の連続の旅でした。アワビ、ハモ、韓牛その他、短い期間、多くの美食に出あったのです...

変わりゆくソウルの町並み

12月、1月とソウルを訪れ、歩いていて感じたのは、町並みが変わっていっているなあということです。2014年春に韓国生活から完全帰国後、旅行でソウルを訪れる度に感じていたことではあるのですが、先月、今月の訪韓が久しぶりだっただけに、よけいにそう思いました。変わる、といっても、主に二通りあって、ひとつは古い家を取り壊し、ビルに建て替えるというもの。取り壊された飲食店などの店は、新しいビルに入ります。少し前に...

やっぱり好き ソウル城郭

今まで何回ブログに書いてきたかわからないくらい、ソウルでも特に好きな場所―それは、ソウル城郭です。ソウル城郭の散策路は、季節の変化を楽しみながら、ソウル市内を見晴らしのいいところから見られる、本当にステキな道です。いくつかあるコースの中でも、おそらく一番行った回数が多いのは、住んでいたマンションから歩いて20分くらいのところにある散策路です。ここの景色が大好きで、いろんな思い出もあるので、12月の訪韓...

ソウルで朝食を楽しむ

短い滞在で、なるべくそこならではの食を楽しみたい―そんなときは、朝食時間帯をうまく利用するといいですね。韓国では、朝から開いている食堂もあるので、そういう食堂に行けば、より多くの回数、韓国料理を味わうことができます。その代表的な店といえば、ソウル市庁そばの武橋洞(ムギョドン)プゴククチプでしょうか。行くと必ず、複数の日本人客を見かけます。個人で来ている人もいれば、ガイドさんに案内され、食べ方の指導...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR