FC2ブログ

Archive [2019年05月 ] 記事一覧

河井寛次郎、バーナード・リーチの展覧会 京都で

今京都国立近代美術館で『陶工・河井寛次郎』、アサヒビール大山崎山荘美術館で『没後40年 バーナード・リーチ展』が、開かれています。民藝運動関連の人物の展覧会は、行けるときは足を運んでいます。今回も、美しくあたたかみのある器を堪能しました。京都国立近代美術館の展示は、6月2日まで。一部をのぞき、写真撮影可能です。でも、撮りまくっている人は、私が訪れたときはおらず、皆さん熱心に鑑賞していました。私も最初...

博物館美術館 混む混まないの違いはどこから?

今日のタイトルは、最近博物館美術館に通っていて不思議に思う事柄からです。が、このブログ記事で、自分なりの答えがあるわけではなく、ナゾのまま。最近遭遇したことを、ただ綴るだけですが……3月、4月に、大阪の中之島香雪美術館で、『明恵の夢と高山寺』展があり、鳥獣人物戯画が展示されました。前、後期に分け、甲乙丙丁全て展示されました。前期に甲乙の前半部分と後半部分、後期に丙丁の前半部分と後半部分、というように...

新元号「令和」ゆかりの地 太宰府へ

昨日、新元号「令和」ゆかりの地として話題になっている太宰府へ行ってきました。といっても、これだけのために行ったのではなく、主目的はヤフオクドームのホークス対ロッテの試合を身内と見るためでした。土日続けて見るのは、後の移動を考えるとちょっときついし、せっかく遠くまで足を運ぶので、どこか観光したい……ということで、今話題の場所に行くことにしました。天神のホテルを出発し、西鉄天神駅からまず太宰府駅へ。太宰...

ミホミュージアム「大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋」へ

今、日本に3つしかない国宝曜変天目茶碗の展示が、3箇所で同時開催されています。奈良博、滋賀のミホミュージアム、東京の静嘉堂文庫美術館。東京は行けるかどうかわからないけど、関西の2つはぜひ、と思い、連休前に奈良博には行ってきました。関西にあるとはいえ、ミホミュージアムは奈良博と比べ、公共交通機関ではとても行きにくい場所にあります。行ったこともないし、無事行けるかな、でも行きたい、ということで、昨日行...

高齢者の交通事故を減らすには

長~いGWが終わりました。連休を満喫した人もいるでしょうし、連休だからこそ忙しく、連休が終わってホッとした人もいるのではないでしょうか。私は、泊まりがけで出かけることはなかったものの、美術館に行ったり、身内と野球観戦に行くなどして楽しみました。が、整形外科が連休で、1週間以上リハビリに行けなかったのはつらかったですね(>_...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR