FC2ブログ

Archive [2019年02月 ] 記事一覧

今年も高知のキャンプに

昨年、プロ野球のキャンプを初めて見に行きました。関西から陸路で一番行きやすい高知へ。今年も行ってきました!球場までのバスが不便ではあるのですが、選手がとても近くで見られる魅力にはまり、今年もぜひ、ということで。おいしい鰹のたたきも食べられますし(^^)高知でのプレシーズンマッチ、西武対ロッテ。昨年は、2月最終の土日2日とも観戦しました。が、今年は、土曜日はあきらめて観光し、試合観戦は日曜日のみにしまし...

おすすめ展覧会 京博 中国近代絵画の巨匠斉白石

昨日、京博(京都国立博物館)で開催中の「中国近代絵画の巨匠 斉白石」を見てきました。図録を参考に簡単に紹介すると、斉白石(1864~1957)は、中国芸術を集大成した人物であり、「詩、書、画、印」という4つの分野に精通した、「四絶」と評されます。生没年を見てもわかるとおり、斉白石は、清末、中華民国、中華人民共和国という3つの時代を生きました。そのような人生から生まれた芸術、それだけでもすごいなあと思います...

エネルギーは無限じゃない

前回、もの書き関係の肩書きを、プロフィールが必要な場所で表示するのをやめた旨書きました。そうしたら気が楽になったことも含めて。自分の取り組むことについて、あまり考えすぎるのも悩みばかり増えて却ってつらいかな、とも思いながら、たまに自分がこれから何をしたいのか、どういう人でありたいのか、考える時間は必要だなあとも思っています。そしてそれが必要なのは、加齢とともに、エネルギーは無限じゃないなあと感じて...

肩書きを変えたら気持ちが楽に

肩書きなんてどうでもいいようなものですけど、何かを書くときやイベントをするときなどにどうしても必要なので、何かしら考えざるを得ないことが、ここ数年ありました。学校で働いていたときは、特にしっかり考えずに書けていたので、よかったのですけどね。書くという作業関連なので、ライター、フリーライター、作家。特に旅に関する内容が多いので、紀行作家。あるいは、作家専業ではないから、フリーランス。などなど。何か表...

漢字圏だから見てて面白い 中国語の看板

インバウンド、特に中国語文化圏からの観光客が増えて、街中に中国語表記が増えました。同じ漢字圏だからこそ、日本人がええ?とか面白い!とか感じる表現も見かけます。以前ブログでもそんな話題を取り上げたことがあります。もちろん、中国語文化圏に日本人が行ったときも、漢字表記に囲まれますので、思わず笑ってしまったり、なるほど~と思うような名訳?を発見することがあります。今回は、もう3年前になってしまうのですが...

中国人に人気急上昇の県 爆買いから何に人気が移ったか

インバウンドの増加とともに、テレビでもインバウンド関係の報道が増えました。今日は本当は別の話を書こうと思っていたのですが、今朝のワイドショー(テレ朝)を見ていて、インバウンド、特に中国人観光客に人気急上昇の県についての話から、今どんなことが受けているのか、見ていきたいと思います。報道によると、今中国人観光客に人気急上昇の都道府県ベスト3は、青森、大分、佐賀です。青森は、中国系のSNSに中国語で積極的...

南紀白浜アドベンチャーワールドの赤ちゃんパンダ 彩浜

タイ旅行の連載記事を書いていた関係で、記事を書くのが遅くなってしまいましたが、昨年末南紀白浜アドベンチャーワールドのパンダの赤ちゃん彩浜を見てきました!あまり先延ばしにすると、赤ちゃんじゃなくなってしまうので、この辺で紹介しなければ!と思い、今日のテーマとしました。彩浜が生まれたのは、2018年8月14日。私が見に行ったのは、12月29日です。よく動き、いろんな恰好をして、本当にかわいかったです(*^_^*)  ...

タイ旅行で見かけた動物たち

タイ初訪問の記事は、前回で終わりですが、ここでおまけ編というか、タイで見かけた動物たちの写真をアップします。国内外どこを訪れても、動物たちの姿には癒やされますね。タイの寺院で猫たちを見かけたときは、ああここにも猫がいるんだあと、親近感を感じました。バンコクのワット・ポーで見かけた猫(=^・^=)カンチャナブリでは、犬を何匹も見かけました。結構大きくて、顔が細く、痩せた犬たち。似たような犬が多かったです。...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR