FC2ブログ

Archive [2018年08月 ] 記事一覧

時中李永守先生 日本のお香と韓国書刻展

韓国の書刻家 時中 李永守(シジュン イ ヨンス)先生の展覧会が、明日8月30日から9月4日まで、新宿の京王百貨店で開かれます。「日本のお香と韓国書刻展」百貨店6階 京王茶室「京翔」。10:00~20:00 最終日は16:00まで。お香は、向田典子先生。また、同じ階の京王ギャラリーで、「韓国民画と韓紙工芸展」(民画 池貴巳子先生、韓紙工芸 橋詰恵子先生)が開かれます。こちらは、8月30日~9月5日、10:00~20:00...

全羅南道の旅14 絶景 莞島(ワンド)の海沿いを走るケーブルカー

また全羅南道の旅に戻ります。今回からは、見どころを紹介します!前回、前々回のように、時々展覧会案内など他の記事もアップしながら、もうしばらく全羅南道の紹介を続けますね。なにしろ、見どころが多いので(^◇^)旅行2日目の夕方、莞島(ワンド)でアワビづくしのコース料理を食べる前に、とっても眺めのいいところへ行きました。旅客船ターミナルの近くにある、ケーブルカーに乗り、莞島タワーまで。ケーブルカーから眺...

おすすめ展覧会 「おさるのジョージ」展

昨日アップした、佐川美術館の田中一村展を見た日、もうひとつ行きたかった展覧会に行ってきました。美術館「えき」KYOTOで開かれているおさるのジョージ展です。一日に展覧会を複数見ると、集中力も落ちるし、疲れます。でも、うちから近くなく、交通費もかかるし、時間もかかる。少しでも節約したい、ということもあり、がんばって一日で見てきました。JR京都駅直結の伊勢丹内にある美術館なので、普通の美術館のように5時で閉...

おすすめ展覧会 佐川美術館 生誕110年田中一村展

先月はじめから、ずっと全羅南道の旅についての記事をアップしています。食の話が終わり、観光名所などまだ続きがあるのですが、ここで久しぶりに日本の美術展についてアップしたいと思います。大好きな田中一村の作品。もうだいぶ前ですが、奄美の美術館にも行きましたし、どこかで展覧会があれば、できるかぎり足を運んでいます。今夏も、滋賀県守山市の佐川美術館で生誕110年田中一村展が開かれると知り、心待ちにしていました...

全羅南道の旅13 麗水(ヨス)の名物 カラシナキムチ

全羅南道の旅、食の連載は今日で最終回です。旅行からすでに一ヶ月半過ぎてしまいましたが、やっと食の話が終わるという……いろいろ用事が入ったり猛暑でばてていたり、アップの間隔があきがちになったとはいえ、やはり食の話がどうしても多くなりますね。それだけ、全羅南道の食べ物は美味しい、ということにつきるでしょう。日本では、「漬物」と聞いて思い浮かぶ代表的なものとして挙げられるほど、「キムチ」は馴染みが深くなり...

全羅南道の旅12 宝城(ポソン)のカフェ

前回書いた長興の茶芸園に行ったあとは、美しい茶畑の風景で有名な宝城(ポソン)に行きました。宝城の茶畑には、5年前の2013年夏に行っています。今回の旅は、ほとんどが初訪問の場所なので、このように久しぶりに訪れることのできる場所があるのは、うれしいです。この後麗水(ヨス)に行くためもあり、宝城での滞在時間は限られ、茶畑の散策はできませんでした。が、眺めのいいカフェから、茶畑が見えました。そこで茶畑を見な...

全羅南道の旅11 長興で伝統茶 青苔銭を

全羅南道の旅、3日目。すでにブログにアップしましたが、昼食は長興(チャンフン)で美味しい韓牛を食べました。そして、食後のお茶は、同じく長興の茶園で、伝統茶!韓国の茶どころといえば、まっ先に思い浮かぶのは、全羅南道の宝城(ポソン)です。韓国ドラマ四季シリーズの夏編『夏の香り』でも、宝城の美しい茶畑がロケ地になりました。ドラマを見て以来、ずっと行ってみたくて、5年前の8月、韓国に住んでいたとき、バスを...

全羅南道の旅10 全南海南の伝統酒 真醸酒

全羅南道の旅、食事編は前回のクルビで終了です。今回からは、食べ物の話ではありますが、食事処での話ではなく、全南の名物をつくっている所を訪ねたときの話をしたいと思います。前に塩の話は書きましたが、あと少し残っているので。渡航前から、日程表に載っていて、大変楽しみにしていたことのひとつが、全南の伝統酒である真醸酒(チニャンジュ)を醸造しているところの訪問でした。行ったのは2日目、昼にテナガダコのスープ...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR