FC2ブログ

Archive [2018年06月 ] 記事一覧

まもなく全羅南道へ!

6月も明日30日まで。あっという間でした。明後日から7月なんて、時間が過ぎるのは本当にはやいです。その7月1日から4日間、全羅南道に行ってきます!今回は、いつものような個人の旅ではなく、視察団の一人としてです。~させていただく、という言葉があまり好きでない私も、今回は友人のおかげで行けることになり、参加させていただく、という表現がふさわしいです。こういう機会に恵まれたことを、とても感謝しています。旅...

『日本に残る古代朝鮮』 受け継ぐ心

4年前、ソウルから関西に引っ越し、そんなに長く経たないころだったでしょうか。ある日、大阪市内の古本屋で、偶然『日本に残る古代朝鮮 近畿編』という本を見つけ、迷わず買いました。こういった内容の本は、まだ紙の媒体が主だったころ、いいものが出ているので、見つけたら買うようにしています。『近畿編』は、昨年韓国の新聞で連載記事を書くときも、参考にしました。朝鮮半島とのつながりを感じながら読み、記事を書きまし...

2018年夏 唐招提寺の蓮の花

ここ数年、ほぼ毎年行っている唐招提寺の蓮の花観賞。今日(6月25日)、行ってきました。咲き始めでした。これからですね~いくつか、咲いている蓮を見ることができました。が、多くは蕾でした。見頃に合わせて出かけるのは、むずかしいですね。初めて唐招提寺の蓮の花を見た年は、ちょうど見頃でした。あまりの美しさに感激し、それ以来通っています。蓮は他でも見られますが、私は今まで見た中ではここが一番好きです。が、最初...

おすすめの展覧会 サントリー美術館&山種美術館

先週関東方面に行ったとき、一日は渡来人ゆかりの地を訪問しようと思っていました。が、雨。どうしても今回行かなければいけないわけではなかったので、また次に。ということで、雨だったら美術館に行こうと思っていたので、都内のお気に入りの美術館・六本木東京ミッドタウン内にあるサントリー美術館と、山種美術館に行ってきました。本当は、日本民藝館にも行きたかったのですが、3つは集中力が切れるし、時間が足りないので、...

EMSの追跡 続編

前にEMSの追跡について書いたときは、韓国で出した本が、韓国からいつ自宅に届くか、についてでした。今回は逆に、日本から海外へ荷物を出したときの話です。今月上旬、アメリカにいる親戚にEMSでプレゼントをおくりました。日韓よりは時間がかかるだろうと思い、そのうち着くだろう……と、そのまま時間が過ぎていったのですが、さすがに2週間近く経ち、不安になってきました。本人にきけばいいのですが、その前に、追跡して確認し...

地震報道を見て気になったこと

先週後半、身内に会いに関東方面へ行ってきました。日曜日の晩帰宅し、翌朝、玄関の朝刊を取ってリビングに行こうと廊下を歩いていたら、突然強い揺れ。揺れている時間は長くなかったのですが、怖かったです。1995年の阪神・淡路大震災のとき、関西に住んでいて、2011年の東日本大震災のときは、都内に住んでいました。そして、今回の地震。いずれも震源地のすぐ近くではないものの、大都市での地震のときは、いつも地震のある範囲...

おすすめの展覧会 相国寺承天閣美術館 春燦燦

米朝会談の日に、別の話題なのですが……先週行った京都・相国寺承天閣美術館の展覧会がよかったので、今日はその話を。今開催中の展覧会は、春燦燦―清婉峭雅の系譜というタイトルです。展覧会の概要を、チラシからそのまま紹介します。清婉峭雅とは、きよらかで美しく、おごそかで気品がある、の意。相国寺の高僧・絶海中津の詩文を賛美した、中国明代の高僧・道衍の言葉です。絶海中津(1334-1405)はの一人と名高い、中世の相国寺...

初夏の六甲山へ!

このところ、週の真ん中あたりに、雨が降りますね。先週も、そう。雨がやむのを待ち、先週金曜日の晴れて気持ちのいい日に、六甲山へ行ってきました。六甲山といっても、見どころはいろいろあります。山歩きも、普通の運動靴ではなく、トレッキングシューズくらいは履かないと歩きにくいところもあります。今回は、六甲オルゴールミュージアム、六甲高山植物園、六甲ガーデンテラスという、山歩きというよりは、観光名所という感じ...

羽田~成田間の移動

NZ旅行に関し、何かひとつ書き忘れていたなあ……ふと思い出したのが、羽田空港から成田空港までの、移動についてでした。オークランドへの直航便は、毎日ではありませんが、関空からもあります。乗り継ぎはなるべく避けたいので、できればそれに乗りたいと思っていました。が、韓国に行くときなどに使う旅行予約サイトで、出てくるのは成田発着便。しかも、伊丹または関空から成田へは、成田行きでなく、羽田行きばかり。以前、ヒュ...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR