FC2ブログ

Archive [2018年02月 ] 記事一覧

受験は母親が9割!?

昨年あたりから、朝日新聞の記事や広告欄に、東大理科三類に子ども4人全員を合格させた(この合格させた、という言葉もすごいですが、紙面の紹介にはそう書かれている)母親が度々登場するようになり、なんでこんなに取り上げるのかなあ~、新聞の向く方向と逆でしょうに、と思っていたら、昨日(2月27日)の阪神版に、この人の全国セミナーのうち、伊丹で開かれるセミナーに読者を招待、という記事が載りました。その記事で、「...

2度目の高知、初めてのプロ野球キャンプ地訪問

冬季オリンピックが閉幕し(パラリンピックはこれからですが)、ちょっとさびしさを感じるときではありますが、野球ファンにとっては、オープン戦が始まり、待ちに待ったうれしい季節の到来ですね。一度訪れてみたいキャンプ地、でもなかなかかなわず……日常生活での時間的な制約もあるし、沖縄や宮崎は遠い。でも、一度行ってみたい。ということで、この土日は、高知に行ってきました。飛行機で行けば、どこもあまり変わらないのか...

済州島の四・三平和記念館へ

語学の話などを書いていたため空隔があいてしまいましたが、1月に済州島に行ったとき、初日に四・三平和記念館を訪れました。2008年にできたこの記念館には、2009年夏済州島を訪れたとき、入口まで行きました。が、時間不足で、中をじっくり見ることはできず、場所の確認程度に終わってしまいました。いつかもう一度訪れたい。それが今回かないました。私は韓国の歴史、特に近現代史はよくわかりません。勉強の必要性を感じ、可能...

読むことと聞く、話すことのつながり

1月に一人で韓国に1週間滞在したときは、日本語だけで話した相手は二人だけで、あとはほとんど韓国人に囲まれ、韓国語での会話でした。一人で行動した時間も、とても少なかったです。もともと若いころから好きで好きで始めた、という言語ではないし、どちらかというと必要性があって使っているという部分もあるので、貴重な機会がありありがたいとはいえ、正直へとへとになります。よく、外国語を上級まで勉強したというと、その...

外国語の運用能力を高めるために、上級者がやってはいけないこと 3

語学の話が続いてしまってすみません。そろそろ、きれいな写真でも載せたほうがいいのでしょうが……あともう少し、おつき合いくださいませ。上級者がやってはいけないこと 3は、だいぶ前にTOPIK6級に合格したときもブログに書いたのですが、凝った整理ノートは作らない。です。ノート自体は、必要です。問題は、その中身。文法書を見ながらまとめたようなノートは、一見すばらしく見えますが、私はそういうノートを作るのに使う...

外国語の運用能力を高めるために、上級者がやってはいけないこと 2

前回に続き、これもまただいぶ前にブログで書いたとは思いますが……一日○○個の単語暗記○○は、10個くらいを日課にする人が多いでしょうか?こうやって、毎日せっせと単語を覚えれば、一日10個なら十日で100個!……でも、ちょっと待ってください。それ、覚えた単語を、実際に話さなきゃいけなくなったとき、書かなきゃいけなくなったときに、ちゃんと運用できるでしょうか?残念ながら、運用にはうまくつながらないのでは、と思います...

外国語の運用能力を高めるために、上級者がやってはいけないこと

前回の『パンダと爆買い』で書いた、上級学習者の問題点について、書きたいと思います。以前にも同じような内容を書きましたので、繰り返しになってしまいますが。韓国語に限らないですが、外国語を勉強している人で、特に上級者がやってはいけないこととは何か。もちろん、学習者の性格、学習目的などによっても異なってきますので、あくまでも個人的な意見、というのが前提です。いつまでも、ネイティブと同じ完璧な発音を目指す...

『パンダと爆買い』第7章 より深い相互理解を目指して 外国人、外国語に慣れる 続き

第7章 より深い相互理解を目指して      外国人、外国語に慣れる 続き 上級編―外国語で直接情報をつかむ。SNSなどで、外国語で発信する。 第4章感情的距離の「領土問題報道から感じたずれ」でも述べましたが、日本では日常的に外国語で情報を仕入れる人が決して多くなく、多くが日本語で情報を得、日本語で発信しています。そうすると、外国についても日本語の情報を通してしか知ることができなくなる。現地の人はどう...

『パンダと爆買い』第7章 より深い相互理解を目指して 外国人、外国語に慣れる

第7章 より深い相互理解を目指して      外国人、外国語に慣れる 第6章「外国人コワイ」でも書いたように、韓国から日本に戻り、日本人は外国人や外国語の前では、ちょっとひいてしまうのかな、という印象があります。 今まで日本の観光地や飲食店に外国人が押し寄せてくることがあまりなかったので、まだ慣れていないという面もあるでしょう。外国人に慣れている私でさえ、京都の嵐山や伏見稲荷大社、大阪の道頓堀で、...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR