Archive [2017年06月 ] 記事一覧

『パンダと爆買い』第2章 2度目の留学 香港での衝撃

第2章 2度目の留学      香港での衝撃 外国に友達がいるとうれしいけれど、悩ましいのがお土産選び。日本人に人気の定番土産でも、外国人に同じものを渡しても喜ばれないときもあります。 たとえば、家族の転勤で韓国に住んでいたとき聞いた話ですが、韓国出張で日本人が土産に持って来るせんべいは、いつまでも置かれたままで、結局韓国人スタッフでなく日本人駐在員が食べる、というふうに。中にはせんべいが好きな人...

『パンダと爆買い』第2章 2度目の留学 電話と電報

第2章 2度目の留学      電話と電報 今、日本で携帯電話をごく自然に操作する中国人観光客を見ると、つい感心してしまいます。昔の中国を知らなければ、何も不思議でない光景ですが。それは、中国人がどうこうというよりは、80年代の留学時、私自身通信手段が不便で苦労した経験があるからでしょう。 2016年、すっかりさびてしまった中国語の聞き取り能力を少しでも取り戻すため、『街なかの中国語 Part3』(東方書店...

『パンダと爆買い』第2章 2度目の留学 貴重なビニール袋 続き

第2章 2度目の留学      貴重なビニール袋 続き 留学後何年も経ってから中国を訪れたときは、道端にファストフードを食べたあとのゴミと、ビニール袋のゴミがたくさん捨てられ、ふわふわと浮いているのを見、ゴミひとつとっても中国は変わったなあと実感しました。 外食に目を向けてみると、留学当時はファストフード店なし、カフェなし。一人でぶらっと入って食事するというような環境ではありませんでした。ごく普通...

『パンダと爆買い』第2章 2度目の留学 貴重なビニール袋

第2章 2度目の留学      貴重なビニール袋 日々の生活というのは、地味で目立たないけれど、文化や歴史を見る上で欠かせない視点です。私は中国人家庭で育ったのではないし、1985年秋から一年間暮らしたといっても、一留学生としての体験にすぎません。中国の奥深いところまでは、見えていなかったかもしれない。それでも、当時の留学生活から見えてくる中国というものがあります。それと今を比べると、中国が如何に変わ...

『パンダと爆買い』第2章 2度目の留学 市の中心部にも馬車

第2章 2度目の留学      市の中心部にも馬車 1985年3月、大学を卒業し、同年秋から一年間中国に留学しました。留学先は、大学在学中に短期留学した北京語言学院(北京語言文化大学)です。 1983年夏の短期留学から2年しか経っていなかったので、目にする風景に大きな変化はありませんでした。人民服を着た人々、自転車の大群、あちこちで見かける馬車。 どれも、今では見られなくなってしまいました。のちに私は、大...

2つの言語、同時に維持するのは難しい

今日、上野動物園のパンダのシンシン、出産したそうですね!無事に育ってくれますように!『パンダと爆買い』、第1章が終わりました。第1章は短く、第2章からはもう少し長くなります。第7章までありますが、韓国から帰国後のことを書いた部分については、若干修正を加えるかもしれません。韓国滞在中のところまでは、そのまま書きたいと思います。区切りのいいところで、こうしてたまに他のことを書きます。最近フェイスブック...

『パンダと爆買い』第1章 中国との出会い ―おまけー 男の手料理

第1章 中国との出会い      ―おまけ― 男の手料理*各章最後には、「おまけ」をつけています。 80年代の中国留学は、いろいろな面で私の価値観に影響を与えました。中でも大きかったのが、料理をする男性の姿です。 中国で家庭に招かれると、心を込めたおいしい手料理が待っていてくれます。その作り手が、男性のことが多く、驚きました。女性ももちろん作りますが、「うちはだんなさんのほうが、料理上手なのよ」と、奥...

『パンダと爆買い』第1章 中国との出会い 最初の外国、最初の中国(続き)

第1章 中国との出会い      最初の外国、最初の中国(続き) 留学したのが夏だったので、気候の違いも体で感じました。日中の最高気温は、37度くらいまで上がり、暑かったです。今は日本もそれくらい珍しくありませんが、私の学生時代、日本の夏は今ほど暑くありませんでした。ですので、北京の気温は高いなあ、と。 それでも、気温の割に暑くて耐えられない、というほどではなかったです。やはり乾燥しているからなんで...

『パンダと爆買い』第1章 中国との出会い 最初の外国、最初の中国

第1章 中国との出会い      最初の外国、最初の中国 今でこそ海外旅行は当たり前のようになり、贅沢なことではなくなりました。行先や行く時期によっては、国内旅行より安いくらいです。 私が大学生のころは、学生でも海外旅行に行くようになっていたとはいえ、そうそう安く、気軽に行ける時代ではありませんでした。大学入学前はもっとそうで、高校を卒業するまでは、外国なんて一生に一度行けるかどうかかな、と思って...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR