Archive [2015年07月 ] 記事一覧

和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドで パンダざんまい

ここ2、3日、特に暑いですね。近所のスーパーに買い物に行くだけで、汗びっしょりになります。今月半ば、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドに行ってきました。一番の目的(というか、目的の大部分)は、ジャイアントパンダ。昨年12月に生まれた双子が大きくなる前に、早く行かなきゃ!と思って。暑い時期、涼を呼ぶ写真ではないですが、ちょっとでも癒しになれば(^◇^)パンダというと、せっかく見に行っても寝てばかり...

住宅の騒音、多くの人が挙げるのは……

6、7月に発行された韓国紙をいくつか手に入れたので、見てみました。ソウルに住んでいたときは毎日していた作業。ソウルでの日常を思い出し、ちょっとなつかしくなりました。その中で、釜山日報に出ていた記事に目がとまりました。小さな記事でしたが、住宅の騒音に関するもの。最も耐えがたい騒音は何か?というものでした。ある機関が20代以上の男女1000人あまりを対象に行った調査で、半数の人が「最も耐えがたい」と答えたの...

暑いときこそ 温かいものを

先週、夏を元気に過ごすための「保養食」の話をしましたが、参鶏湯をはじめとした保養食以外に、暑くなると思い出すというか、私が心がけていることがあります。それは、「이열치열」(以熱治熱 イヨルチヨル)。漢字表記の通り、熱によって熱を治すことで、韓国紙の暑さ対策の記事にも、この言葉が出てきます。冷たいものもおいしいけれど、暑い夏こそ温かいものを食べて乗り切りたいですね。韓国の人と話していると、「これは身...

『もっともっと韓国』、500回を超えました!

2013年2月に始めた『もっともっと韓国』、おかげさまで500回を超えました!ソウルに住んでいたとき、日韓を行ったり来たりする中で、韓国生活から感じる韓国と、一時帰国のとき感じる日本における韓国へのイメージのギャップの大きさに、悲しくなりました。また、私が韓国暮らしで知った文化面での楽しさが、日本語であまり発信されていないとも感じました。なんとかギャップを埋めたい、楽しいことももっと知ってもらいたい、そ...

日韓訪問外国人観光客数 逆転

訪日外国人観光客に関する報道が増えています。昨日23日の朝日新聞経済面にも、訪日外国人914万人今年上半期前年比46%増との見出しがありました。2011年3月~14年3月の3年間ソウルに住んでいたときは、韓国を訪れる外国人観光客の増加を目の当たりにしました。特に中国人観光客の数はすごかったです。ところが最近は、状況が変わってきています。マーズの影響もありますが、それはごく最近の話。やはり円安が進んだことなども...

申京淑 盗作問題を見て……

このところずっと気になっていた、申京淑(シンギョンスク)の盗作問題。申京淑の作品『伝説』の一部が、三島由紀夫の『憂国』の韓国語翻訳版と酷似しているというものです。東亜日報の関連記事を読んだりネットで調べたりしてみました。6月25日の東亜日報には、ツイッター、ブログなどSNSで「신경숙」(申京淑)、「한국문학」(韓国文学)について書かれた文の「연관어」(連関語)で多かったものが挙げられていました。盗作...

夏には参鶏湯、ウナギ……

土用の丑の日ももうすぐですね。ウナギ食べに行きたいけど、人が多いしなあ……暑くなると、韓国では夏を乗り切る滋養食である「보양식(保養食 ポヤンシク)」が話題になります。テソロ7月号の表紙も、おいしそうな保養食の写真が出ていました。テソロに載っていた夏を乗り切る保養食は、参鶏湯、鶏の丸焼き、ドジョウ汁、コングクス(豆乳冷やし麺)、ウナギの網焼き。最近手に入れた今月初の韓国紙や、ソウルに住んでいたときに...

毎日新聞『国をつなぐ若者たち』 勤務していた学校が記事に

今週14日火曜日、毎日新聞の夕刊に、私にとってとてもうれしい記事が載りました。『国をつなぐ若者たち』という大きな縦書きの見出しの左横に、関連する二つの記事の横書きの見出し。そのうちの一つが『大阪 中国籍高校生が通訳ボランティア』という記事で、まさに私がかつて勤めていた大阪府立八尾北高校の話が載っていました。sp.mainichi.jp 中国籍高校生:大阪の地下鉄駅で通訳ボランティア今、「爆買い」などで中国人観光客...

祇園祭 前祭に行ってきました

京都の祇園祭は一昨日14日、前祭(さきまつり)の宵山期間に入りました。14日午後、行ってきました。以前、京都のこういったお祭りが珍しかったころは、何といっても17日の山鉾巡行、と思って行っていましたし、宵山も始めのほうよりクライマックスに、と思って行っていました。が、最近人混みを歩くのがしんどくなり、少しでも人出が少ないときに、と出かける日を選ぶようになりました。予想通り、14日のしかもまだ明るい時間帯だ...

テソロ7月号 『不思議がいっぱい韓国』でも取りあげた二人が登場

テソロ7月号。韓国のお一人様の話や、夏バテにききそうな食の話など、気になる話がいろいろ載っています。そして、今月号で特別うれしかったのは、『不思議がいっぱい韓国』最終章の一番最後の話「日韓をつなぐ 心の支えになる言葉と人」で取りあげた三人のうちのお二人・兪弘濬教授と薩摩焼十五代沈壽官さんが登場していること!兪弘濬教授はインタビュー記事、沈壽官さんは時論に『陶房雑話』というタイトルで。ぜひ多くの人に...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR