Archive [2015年06月 ] 記事一覧

日韓国交正常化50年

昨日2015年6月22日は、日韓国交正常化50年。最近は、関連ニュースも多いですね。日韓共同世論調査の結果も興味深いですし、こういう話題だけで、ブログ記事も何度か書けそうです。ただ、明日渡米し、ちょっと休みますから、今日は正常化50年について思うことを、簡単に。最悪とも言われる日韓関係ですが、日本側で大事じゃないかなあと私が個人的に思っていることを、二つ書きたいと思います。ひとつは、韓国に関し、「ハレ」の情...

大阪芸術大学卒業制作ドキュメンタリー映画『ヘイトスピーチ』 シアターセブンにて上映中!

3月16日のブログ記事『若い人から希望がみえる』で紹介した、大阪芸術大学卒業制作ドキュメンタリー映画『ヘイトスピーチ』。一昨日(6月20日)から、大阪・十三のシアターセブンで上映が始まりました!上映は、~6月26日(金)までが13:30開始、6月27日(土)~7月3日(金)が、19:00開始です。ぜひ多くの人に見てもらいたいと思います。3月にあべのハルカスにある大阪芸大スカイキャンパスで見たのですが、今回上映され...

得体のしれないストレス、その正体は……

最近、自分自身の悩みが原因でない、何とも言えないストレスを感じていました。不快感というか、憂うつな気持ちというか……体調もいまひとつの状態が続いていました。自律神経の乱れが原因かも、と思われるような。気候の変化のせいかな? 春からずっとあちこち出かけることが続いていたし、その疲れかな? 単純にトシのせいかな?など、いろいろ考えてみたのですが、何に対して嫌な気持ちを抱いているか、心の中で具体的に挙げて...

『ジャングル万里』(全3巻) 途中まで読んだものの……

韓国に住んでいたとき、ベストセラーとなった長編小説『ジャングル万里』(全3巻)。中国を舞台に韓国、日本、アメリカ、フランスのビジネスマンの生存競争を描いた小説です(2013年11月3-16日 朝日新聞GLOBE 戸田郁子さんの書評より)。読みたい本はたくさんあるけど、時間がかかる。どれを読むか、選ぶのは、とても大事な問題です。迷った末、なぜこんなに売れるのか、韓国の小説に中国がどう描かれているかを知りたい...

トイレがどこですか ???

外国語学習において、どちらかというと、加工教材はあまり使わないほうです。本、新聞、貼り紙、広告、商品の説明書……生の教材から、拾って覚えるのが好きですね。中国語は、だいぶ前に教えていたことがあったため、教えるために教材をいろいろ買いました。特に、文法に関しては、自分では使えても、教えるときは理論的に説明できないといけないからです。でも韓国語は、教える機会もないため、本屋の韓国語コーナーに置かれている...

外国人には暮らしにくい!?

先日、「ソウル生活満足度 (外国人居住者の中で)日本人が最下位」というテソロ6月号に載っていた記事について書きました。それで思い出したのが、たしか外国の人材を確保しても定着しにくい、という韓国紙の記事を切り抜いたなあ、ということ。切り抜きファイルの中から見つけた2013年1月15日の東亜日報の記事を、今日は紹介したいと思います。2年ちょっと前の記事ですが、2年くらいで状況が急変するような事柄ではないでし...

ソウル生活満足度 日本人が最下位

『不思議がいっぱい韓国』のインタビュー記事が載ったテソロ6月号。熾烈な受験戦争、様々な対立の問題など、興味深い記事があります。その中で、小さい記事だけど、あれ?と思ったものがひとつ。今日は、それを取り上げたいと思います。タイトルにも書いた、ソウル生活満足度 日本人が最下位。テソロ・コリアニュースEXPRESSの中の見出しのひとつをそのまま書きました。ソウル市が5月24日に発表した、ソウル居住外国人を対象に...

『不思議がいっぱい韓国』インタビュー記事 テソロ6月号に掲載されました!

以前紹介したテソロ。6月号に、『不思議がいっぱい韓国』のインタビュー記事が掲載されました!東京は先週、大阪も今週初には出回っています。ぜひ御一読ください(*^^)v読者プレゼントもありますよ~毎月、表紙も楽しみです。5月号、6月号の表紙です。...

なつかしい春の味・豆ごはん

自分が当たり前のように食べていたものが、他の地域の人にとっては当たり前ではない―それを知って驚いたこと、ありませんか?昨晩ケンミンショーを見ていたとき。大阪の人は春に豆ごはんを食べる、なんて取り上げていてびっくりしました。私にとって、豆ごはんは春の大きな楽しみで、春になると豆ごはんを食べるのが当たり前だからです。え、珍しいことなの!?と。日本全国どこでもそうかと思っていたのに……とはいっても、私は大...

印象に残る言葉―「美しい執念を持て」

朝日新聞beの「逆風満帆」。最近の連載は、作家・森村誠一氏でした。ずっと興味深く読みましたが、中でも5月30日「下」の最後の部分がとても印象的だったので、一部を引用し紹介します。 先月11日、森村は推理作家の故・山村正夫が開いた小説講座で壇上に立った。森村との付き合いが長いフリー編集者の折笠由美子は、そのとき森村が「美しい執念を持て」と説いたことが印象に残っている。「挫折しそうになったときに、もう一度頑...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR