Archive [2015年03月 ] 記事一覧

サッカー台でゆっくり袋詰め

昨日、私はさっさと歩くほうだけど、せっかちなわけではない、と書きました。そう、朝起きてパッと支度するのも苦手だし。急いで何かするのはしんどいです。何事もスピード感のある韓国で、ペースとして合っていたのは、街中を歩くときくらいだったかもしれません。そんな私にとって、日本に戻ってとってもうれしいことがあります。それは、スーパーで会計の後、自分のペースでゆっくり袋詰めできること!帰国後、どこかで同じよう...

完全帰国一周年

昨日2015年3月29日は、韓国から日本に完全帰国して一周年という、私にとっては記念の日でした。そして今日は、今住んでいる大阪のマンションに引っ越して、ちょうど一年です。29日に帰国してホテルに一泊し、翌30日朝にはマンションに移り、搬入作業という慌ただしいスケジュールでした。国内の引っ越しと違って大変だったのは、生活用品が手元に全くなかったことです。特に、トイレットペーパー、石鹸などの衛生用品。引っ越し業...

『不思議がいっぱい韓国』 書店に並びました!

昨日、大阪市内の堂島、茶屋町にあるジュンク堂書店に行ってきました。韓国関連本コーナーに、『不思議がいっぱい韓国』が並べられていました!アマゾンなどネットで購入できますが、一度中身を確かめてから、という方は、ぜひ書店に足を運んでみてくださいね。明るい色で癒しになるイラストを描いたのも、韓国関連本コーナーを少しでも明るく、華やかにしたかったからなんです。春ですしねご一読いただければ幸いです。写真は、表...

『不思議がいっぱい韓国』 韓国紙を参考にした話が多いわけ

このブログを土台に最近出版した『不思議がいっぱい韓国』は、ブログ記事同様、韓国紙を参考にした話が多いです。韓国に住んでいた3年間、夫が仕事のため取っていた韓国紙5紙を、夫が読み終わったあとに読むのが日課でした。最初のころは、見出しと広告を見るのがやっとでしたが、語学堂で勉強したのが効果あったのと、だんだん見慣れてきたのとで、いつの間にかより速くより多くの量を読むことができるようになりました。こうい...

『不思議がいっぱい韓国』(彩流社) 内容紹介

昨日の本の紹介では、6つの章のタイトルをざっと書いただけでしたが、今日は章ごとの内容について書きたいと思います。第1章 味わう食についての章です。ゴーヤ、里芋、栗など食材について、本場ならではの飲食店について、教科書から見える飲酒文化について。韓国で必ず目にするオリオン製菓、パリバケットの戦略の話も載せています。第2章 暮らすプライバシーの領域の違いなど暮らして感じた異文化間ギャップ、韓国の四季、...

『不思議がいっぱい韓国』(彩流社)出版のお知らせ

このブログを土台にした『不思議がいっぱい韓国』(彩流社、税込1994円)が、やっと仕上がりました!アマゾンも長いこと本の写真がないままでしたが、今は載っています。今月中には、書店にも置かれると思います。だいぶ前に予約してくださった方には、長い間お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。韓国滞在中にアップした記事を中心に、帰国後は昨年8月までに書いた記事をいくつか載せています。1章 味わう、2章 暮ら...

昔の朝鮮半島の中国語教科書『老乞大』

今月7日、『東アジア海域と高麗青磁Ⅰ』という公開講座に行ってきました。(講座案内のチラシは、たしか高麗美術館かどこかに置いてあったと思います)。日中韓の専門家の講座に無料で参加できる!というありがたいものでした。参加者は詳しそうな人ばかりで、ただ好きで興味あるという程度の私がいるのは、ちょっと場違いな感じがしないでもなかったですが、興味深い話がたくさん聞けたので、出席して本当によかったです。ここで...

若い人から希望がみえる

暗いニュースが少なくない中、昨日は久々に明るい気持ちになりました。昨日、あべのハルカスにある大阪芸術大スカイキャンパスで、映像学科の学生2人がつくったドキュメンタリー映画『ヘイトスピーチ』を見てきました。なかなかの力作でした。会場には大勢の人が詰めかけました。私もそうですが、学生の身内や友達だけでなく、報道で知って見に来た外部の人たちもいたようです。おそらくこういうことは異例なのでしょう。受付側の...

『日本の中の朝鮮をゆく』九州編、飛鳥・奈良編 岩波書店―兪弘濬著『踏査記 日本編』が日本語に!

今まで何度か紹介してきた兪弘濬著『私の文化遺産踏査記 日本編』4冊のうち2冊が、日本語に訳され岩波書店から出版されました。『日本の中の朝鮮をゆく 九州編 光は朝鮮半島から』『日本の中の朝鮮をゆく 飛鳥・奈良編 飛鳥の原に百済の花が咲きました』(どちらも、橋本繁[訳])日本語版といっても、韓国語版のように写真満載ではなく、パラパラめくった感じでは、また違った仕上がりになっています。私は原書で読んだので...

京都百万遍の吉岡書店で韓国関係の本購入

京都は好きな場所がたくさんありますが、中でも南禅寺、哲学の道、銀閣寺一帯を散策するのが好きです。そして、そのコースでもうひとつ楽しみなのが、百万遍の古書店に寄ること。帰国後、なかなか行けなかったのですが、先日やっと行くことができました。京阪三条駅からずーっと歩いてくると、銀閣寺あたりからバスに乗りたくなります。先日も、銀閣寺近くのバス停には長蛇の列ができていました。が、ここで元気を出して、京阪出町...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR