Archive [2015年01月 ] 記事一覧

小さくなった韓国のごはん茶碗

韓国に住んでいたとき、お米がおいしいのにすくわれたということを、以前書きました。帰国後も、なつかしいです。しかし日本と同様、お米の国韓国でも、ごはんを食べる量は減ってきています。それは、陶磁器会社が作るごはん茶碗の大きさの変化からも見てとれます。2012年12月18日の朝鮮日報に、ある陶磁器会社が作るごはん茶碗の大きさの変化について、記事が載りました。見出しには、韓国人がご飯をあまり食べなくなったというが...

語学堂の教科書にも登場「男性と女性」

昨日、一昨日と、男女の役割に関するブログ記事を書きましたが、それで思い出したのは、延世大語学堂に通っていたとき、6級の教科書に載っていたあるテーマです。「남성과 여성」(ナムソングワ ヨソン 男性と女性)。語学堂の先生はほとんどが女性。教科書も語学堂の先生が作っているので、女性の先生が好む題材が載る傾向にあります。それがいいとか悪いとか言いたいのではないのですが、男性と女性というテーマなら、語彙的...

韓国 性別による役割への意識の変化

昨日のブログ記事の最後に、韓国では性別による役割への意識が変化してきていると書きました。今日は、それをあらわす新聞記事を紹介したいと思います。2012年10月10日の韓国紙・毎日経済新聞。小さな記事でしたが、エプロン姿の息子や婿に肯定的な人60%という見出しが目に留まり、切り抜きました。女性政策関係のある調査が2011年5~6月に実施され、全国の20~65歳未満の男女3500人が個人面接で回答。その中で、結婚した息子、...

韓国 男性対象の料理教室

タイトルから見ると、料理教室のお知らせのようですが、違います。スミマセン。韓国滞在中に切り抜いた新聞記事の中から、料理教室でがんばっている男性たちの記事がいくつか出てきたので、今日はそんな話をしたいと思います。料理といえばエプロン。韓国語で「앞치마」(アプチマ)といいますが、「앞」は前、「치마」はスカートの意味。中国語では「围裙」(围=囲)。「裙」はスカート。中韓ともエプロンを表すのにスカートとい...

韓国 ナッツの話 ― ピーナッツ ―

昨年末起こったナッツリターン事件。韓国では、「땅콩 리턴」(タンコン リトン)と呼ばれています。直訳すると、「ピーナッツリターン」。「땅콩 유턴」(タンコン ユトン=Uターン)、「 땅콩 회항」(タンコン フェハン=回航)という名称もあるようです。話題になったナッツはマカダミアナッツで、ピーナッツではありません。しかもピーナッツと呼ばれるけれど、豆類であり、「ナッツ」(木の実)ではない。なぜピーナッツ...

橿原考古学研究所附属博物館「十二支の考古学 ―未ー」展で印象に残ったこと

秘仏・人頭蛇身の宇賀神を見に奈良・喜光寺に行ったことについて、先週金曜日にブログ記事を書きました。喜光寺に行ったのと同じ日に、奈良県立橿原考古学研究所附属博物館にも行ってきました。大阪市内からこの博物館の最寄駅・畝傍御陵前までは、ちょっとした日帰り旅行という感じです。それで、二つまとめて同じ日に行きました。目的は、『十二支の考古学 ―未ー』展。常設展ではなく特別陳列展で、明後日25日までですから、展...

プロの通訳も「失敗から学ぶ」

昨日のブログ記事を書いた後、ある新聞記事を思い出しました。「失敗から学ぶ」ことについて、プロの通訳が話していた言葉が載っている記事です。それは、2012年8月30日朝日新聞、「人生の贈りもの」で、会議・放送通訳者 篠田顕子さんへのインタビューを連載したもののうち、4回目の記事です。連載の中で切り抜いたのはこの1枚だけですが、特に印象深かったので保管しておきました。タイトルは、「甘えを捨て、失敗から学び続...

外国語上達の秘訣ー失敗をうまく利用する

昨日書いたように、外国人から何か聞かれたとき、うまく答えられなくても、スマホで検索すれば、その場は何とか解決します。若い人にとっては当たり前かもしれませんが、60年代生まれでアナログで育った私は、以前なら「ごめんなさい、今度調べておきます」と言うしかなかったので、今は本当に便利になったなあと思います。ただ、これは落とし穴でもありますよね。検索して知りたいことが出てきて、相手に見せればそれで終わり。「...

外国人に聞かれて困ったこと―おみくじ

外国人と話しているとき、急に聞かれて答えに詰まったこと、ありませんか?それは、何についてでしたか?質問されて困るのは、日本文化や日本の習慣に関わることが少なくないのでは、と思います。日本人にとってはあまりにも当たり前の習慣なので、日本人同士では聞いたり聞かれたりすることがなく、「どう説明したらいいか」なんて普段考えることがないからでしょう。先週末、そのような困った体験をしました。京都の伏見稲荷で、...

蛇の話 続き 蛇に関する表現

一昨年の巳年に、韓国紙に出ていた蛇に関する記事について、先週紹介しました。今日は、記事の中にあった蛇に関する表現について書きたいと思います。といっても、ことわざではありませんが……「冬眠する」は겨울잠을 자다(キョウルチャムル チャダ)「겨울」(冬)は、冬ソナの「겨울연가」(キョウルヨンガ)で知られるようになったので、それでこの単語を覚えた人もいるのでは、と思います。なお、동면(冬眠 トンミョン)と...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR