Archive [2014年09月 ] 記事一覧

2014年9月ソウル旅行 食べたもの ―麺類―

韓国に住んでいたときは、本場だからと、毎日毎日韓国料理を食べることはまずありませんでした。数日間韓国料理を食べ続ける機会は、日本からお客さんが来たときでした。が、完全帰国後、旅行で行ったときに短期間で食べたいものを食べるのって、かなりむずかしいことを実感。まあ、うれしい悩みではあるんですけどね。今回選んだ韓国料理のうち、麺類が数点。コングクス、マッククス、冷麺。いずれも、韓国在住時にブログで紹介し...

2014年9月ソウル旅行 東大門~梨花洞壁画マウル散策

今月のソウル旅行、東大門DDPを訪れた2回目に、東大門~大学路の梨花洞壁画マウルを散策しました。限られた期間だったので、住んでいたときよく歩いたソウル城郭の北岳山散策コースは時間的にむずかしかったのですが、ソウル城郭の短時間で歩けるところだけでもと思い、行ってきました。やっぱり、楽しかったです。東大門からスタートしほどなくして、こんな博物館がありました。漢陽都城博物館です。ソウル城郭の歴史がわかる...

有田 伊万里で考えたこと

1泊2日という慌ただしい日程でしたが、有田 伊万里では、いろいろ考えました。陶磁器の歴史のこと、朝鮮人陶工のこと、焼き物の里の日韓の違い……若いころから、陶磁器は好きでしたが、今回の旅で、ますます魅かれ、もっと陶磁器の歴史について知りたい、と思うようになりました。今の段階で感じていることやわかったことを、今日は書きたいと思います。日本の特に九州の陶磁器発展は、朝鮮人陶工あって、ということ、実は若いこ...

朝鮮人陶工ゆかりの地へ 佐賀・伊万里 大川内山

昨日の続きです。9月14日の夕方、有田駅で自転車を返し、松浦鉄道で伊万里へ。この日は、伊万里のホテルに泊まりました。翌朝、伊万里駅からバスで向かったのは、秘窯の里 大川内山。伊万里は、十数年前訪れたことがあるのですが、そのときは大川内山までとても行く時間がなくて。今回、どうしても行きたい場所でした。大川内山の歴史については、観光案内所やホテルに置いてあるパンフに書かれているので、それを一部引用します...

朝鮮人陶工ゆかりの地へ 佐賀・有田

今月初のソウル旅行関係の話、まだあるんですが、先週1泊2日で有田・伊万里に行ってきたので、ちょっとそのときのことを。今日は、有田です。有田は、2回目。1回目は、有田中心の旅というよりは、吉野ヶ里遺跡とか、初めての佐賀県で行きたかった場所がいろいろあり、気になっていた陶山神社などにはそのとき行けませんでした。今回は、1泊2日という短い時間、朝鮮人陶工ゆかりの場所を優先的に巡りました。最も参考にしたの...

ソウル 鍾路タワー トップクラウド ちょっといい日に 夜景を見ながら……

久しぶりの韓国で、食べたかった韓国料理、もちろんたくさんあります。何を食べたか、また後日書きたいと思いますが、懐かしい飲食店は、韓国料理だけじゃありません。意外だけど、洋食レストランやワインバーなんですよね。今、日本で行けるのにもかかわらず、です。生活していたときは、毎日毎日韓国料理じゃ飽きてしまうので、ソウル在住者同士で食事に行くとき、お互いが希望するのは、「なんでもいいけど、韓国料理以外で!」...

2014年9月ソウル旅行 永豊文庫で買った本(戸田郁子さん紹介の本&韓国語朗読の本に出ていた小説)

ソウルで行きたかった場所のひとつが、本屋です。ネットで本を買う時代なのでしょうけど、私は現物を手にとって確かめてから買うかどうか決めたいので、価格的にはお得でなくても、本屋で買いたい。ただ、韓国書籍は、日本に戻ってしまうと、住んでいたときのように、時々本屋に足を運んで……というわけにはいきません。幸い近いし、日本からたまに出かけていって、いい本と出会えれば、と思っています。今回は、2014年8月2日朝日...

2014年9月ソウル旅行 湖林博物館新沙分館 白磁壺Ⅱ展

今月2日、昼ソウルに着き、食事をしてから向かったのが、湖林博物館新沙分館でした。開催中の展覧会『白磁壺Ⅱ』展を見てきました。昨年春、秋にも、湖林博物館の展示案内の記事を書きました。韓国の伝統美にひたれる空間が気に入って、ぜひまた行ってみたいと思っていました。展示案内を調べたら、大好きな白磁の展覧会が開かれていると知り、早速初日に足を運んだわけです。今回の展示では、ステキな청화(青画)白磁壺(写真左...

2014年9月ソウル旅行 看板で楽しく韓国語を学ぶ

看板や広告から韓国語を勉強することの面白さは、今までも書いてきました。今回、久しぶりにソウルを訪れ、その楽しさがちょっと復活。東大門・DDPデザイン博物館近くで見かけた看板です。ちょっとわかりにくいでしょうか。赤い看板だけ写したものを。女装\(◎o◎)/!日本人は、ちょっとびっくりしちゃいますよね。これは、中国語。「女装」の下の「女性の服」が日本語ですが、意味はわかるけどちょっと不自然。まあ、「女の服...

2014年9月ソウル旅行 東大門・DDP 澗松(カンソン)美術館所蔵品の展覧会へ

今回のソウル旅行、大きな目的と言っていいのが、東大門・DDPデザイン博物館で開催中の、澗松美術館所蔵品の展覧会に行くことでした。城北洞にある澗松美術館については、ソウルに住んでいたとき、何度か展示案内の記事を書きましたので、よかったらそちらをご覧ください。これもブログで紹介しましたが、今年3月完全帰国間際、DDPで始まったばかりの澗松美術館所蔵品の展覧会に、行きました。その展覧会は「1部」で、今回...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR