FC2ブログ

Category [言葉 ] 記事一覧

語学学習 家で一人でもできることを

センバツは中止、オリンピックは延期……新型コロナは、まだしばらく落ち着くことがなさそうです。不安だけがつのる日々。自粛生活も長引いてくると、ストレスがたまっていきますよね。出かける場所がぐんと減った今、極端な運動不足は避けたくて、近所の遊歩道のウォーキングはできるだけ続けています。最初のころは、人もまばらでしたが、だんだん子どもの数が増えてきて……高校生くらいの男子が走っているのを見ると、ああエネルギ...

カタカナでも通じる!?

少し前、英語教育に関してのブログ記事をアップしました。その中で、英語や中国語を学校で教える際、日本語式の発音で教えたらだめ、と書きました。それは、なぜか。答えは、簡単。通じないからです。通じなかったら、習ってもあまり意味がない。もちろん、言語にもよると思います。日本語と発音が近ければ、カタカナの発音を読んでも、ある程度通じます。例えば、私は中国語と韓国語を勉強してみて、韓国語のほうが、日本語っぽい...

政策に左右されない英語力を!

最近、英語民間試験の入試導入について、よく報道がされます。今月1、2日には、「英語民間試験 見送り表明」との記事が出ました。振り回される受験生には、たまったものではありませんね。今、自分自身はもちろん、身内や、教育関係の仕事にこの問題が直結するということがないので、あまり詳しく報道を見てはおらず、ざっと目を通すだけですが、その中でふと思ったことがあります。こんなに定まらないのなら、コロコロ変わる政...

全国学力調査 英語の接続詞を選ぶ設問について

一ヵ月前(10月2日)、朝日新聞の「どう思いますか 全国学力調査・英語」という記事を読んで、溜息がでました。今、入試に英語民間試験を使うかどうかに関する報道も多く、英語教育についていろいろ考えさせられます。記事の最初の部分を引用します。 4月に実施された全国学力調査の中学3年生の英語で、接続詞を選ぶ設問で誤答が多かったことがわかりました。8月1日本紙の「結果と分析」記事で、英語教育に詳しい立教大学の...

相手の身になって考える 「将心比心」

少し前になりますが、日韓関係がぎくしゃくしている中、中国がある場で「将心比心」(相手の身になって考える)と諭した、と報道されました。詳細は忘れてしまったのですが、テレビでもこの成語が取り上げられていたのを覚えています。8月22日朝日新聞夕刊の「素粒子」には、次のように書かれていました。「将心比心(相手の身になって考える)」と中国に諭される日韓関係が情けない。と。今日はこの成語について。(日韓関係につ...

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR