Entries

久々 ソウル城郭散策路

ソウルに住んでいたときから、何度も散策路の写真をアップし、帰国後の
ソウル旅行でも同じような散策路に行き同じような写真をアップしてきた
ので、本当にワンパターンなんですが……
また歩いてきました。
ソウル城郭の散策路。

今回は短い滞在で、たくさんは歩けなかったので、住んでいたところの
近所を中心に散策しました。

最寄り駅は地下鉄3号線景福宮駅。
社稷公園の南側にある坂道を上って行くと、ソウル城郭のある散策路に
出ます。
社稷公園の中も通れるのですが、今回は工事中で入れませんでした。

2017年5月5日 ソウル城郭1

2017年5月5日 ソウル城郭2

↑遠くに見えるのは、北漢山です。

↓仁王山も見えます。

2017年5月5日 ソウル城郭3

2番目の写真にある道を仁王山、北漢山方面に向かって歩いて行くと、
ソウル城郭が見渡せる所に出ます↓

2017年5月5日 ソウル城郭4

この辺りから仁王山の登山道に入れるのですが、今回は時間も体力も
なかったので、付岩洞方面へ向かう車道を歩き、途中で西村(ソチョン)
方面に下りて行きました。
尹東柱が下宿していた家のある道に出るルートです。
下宿のある住宅街に出る前には、↓このように仁王山が見えるいい
場所があります。
朝鮮時代、山水画にも描かれた場所です。

2017年5月5日 仁王山

高層ビルが立ち並ぶソウルも、ちょっと奥に入るとこういう風景が
あります。
こういう環境に、住んでいたとき本当にいやされました。

さて、昨日の大統領選で、新しい大統領が決まりましたね。
いろいろ困難なことはあると思いますが、薄暗い汚れた空気に覆われる
日の多い中、運よく晴れ、青空が見られたこの散策日の空のように、
これからなってほしいと願っています!(^^)!
スポンサーサイト

Comment

ソウル城郭 

 ソウルには1990年~1994年頃に、行っていましたが、このソウル城郭には行ったことがありません。そのころにも、見学できたのかも知りません。城壁の復元工事がいつ頃行われたのでしょうか?
 当時は、朝鮮総督府の建物が、中央博物館として利用されていました。重厚な建物でした。また、赤レンガのソウル駅も使われていて、釜山からのセマウル号を利用していました。雨が降り出すと、地下鉄の出口で、竹で作った簡易の雨傘(竹傘)を売っていました。なつかしいです。
  • posted by shunshun 
  • URL 
  • 2017.05/11 23:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ソウル城郭 

shunshunさん、ありがとうございます。
私は朝鮮総督府の建物があったころは訪れたことがなかったので、このころ訪れた人があちこちで目にした風景は、私の知っているソウルの風景とはだいぶ違ったのでしょうね。私の初訪韓の2004年以降も、そして2014年に帰国してからたまに訪れるソウルも、行くたびに変わっています。変化が大きいですね。
ソウル城郭の復元工事がいつ始まったかはちょっと今わからないですが、私の滞在中も自宅付近では工事が進められていました。身分証提示が必要な、青瓦台、景福宮を北から見るコースは、たしか私がソウルに引っ越したころに解放されたように記憶しています。拙著第4章にもソウル城郭について触れています。また、ブログに写真もアップしていますので、よかったらご覧ください。過去の記事の日付は、本の各文末尾に書かれている日付を参考にしていただくといいかと思います。機会があれば、ぜひ散策をしてみてください。
  • posted by はこ 
  • URL 
  • 2017.05/13 11:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR