FC2ブログ

Entries

北海道へ行こう!3 美味しいお寿司

前回書いたように、北海道旅行初日の晩は、ビール園でジンギスカンを
食べました。
北海道に来たら、食べたいものは!?
いろいろありますが、やはりお寿司は一度は食べたいものです。

滞在2日目の9月12日の晩、回転寿司根室花まる札幌ステラプレイス店に
行きました。

夕方、JRタワー展望室で札幌の景色を眺めてから、ビル6階の回転寿司へ。
18時くらいだったかな?と思うのですが、すでに行列。
地震で観光客が激減している中、並んでいるということは、いつもはもっと
混雑しているのでしょうね。
30分くらい待って、入りました。

2018年9月12日 札幌回転寿司

写真右下は、ニシン!
ニシンって、関西ではニシンそばに載っている甘辛く味付けしたものしか
食べたことがなかったので、生は初めてです。
(生でこのように寿司ネタとして食べられること、知りませんでした^_^;)
う~ん、美味しかった(^◇^)

写真に写っているホタテ、サーモンももちろん美味でした。
そして、生ウニ!
都会の安い回転寿司では、まずお目にかかれません。
なんかいろんな味付けがしてあって、ウニ本来の味がなくなってしまって
いることも多く……実はウニじゃない!?
最近は、都会では頼まなくなってしまいました。
(よほど高いところに行けば味わえるのでしょうが、そこまではちょっと
手が届かないので)。

そしてそして、写真左奥のサンマ!
脂が乗っていて、美味しかったです。
帰りのリムジンバスに置かれていた冊子によると、
夏にオホーツク海を回遊し、太平洋日本沿岸を南下していくサンマ。
長旅で疲れる前に、北海道で漁獲されるものは脂の乗りがよく、
栄養豊富だとのこと。
なるほど~
このお寿司のサンマがおいしくて、旭川の居酒屋でも、サンマのお造りを
注文しました。

こういうのは、いくら空輸が発達したとはいえ、やはり現地で食べるのが
ベストですよね。
旅の醍醐味です。

関東出身とはいえ、母が広島出身で、家で食べる料理の味付けは西日本の
味付けでした。
そんな私には、北日本の味付けはかなり濃いです。
ラーメンの汁も、からすぎる。
唐辛子のからいでなく、塩辛いんですね。
ですので、お寿司や刺身のように、自分で味付けが調整できる料理は、
本当にありがたいです。

また、お寿司を食べるために北海道へ行きたいです!(^^)!
スポンサーサイト

北海道へ行こう!2 旅行中の食事、地震の影響は?

地震が起きたのが9月6日。
私が旅行したのは、9月11~16日でした。
滞在中の食事はどうだったか、私の体験した範囲で感じたことを書きたいと
思います。

11日は、サッポロビール園に行きました。

2018年9月11日 サッポロビール園

(↑ビール博物館のある建物)

そろそろやっているかな……と、事前に調べもせず行ってしまったのですが、
ちょうど11日から通常営業開始、とのことでした。
運がよかったです。
いつもはもっとにぎわっているみたいです。
が、この日は空いていました。
節電で照明を落としているのか、何となく暗かったです。

ちょっとさびしい感じもしましたが、北海道に来たらビールとジンギスカン!
ということで、普段はあまり食べない羊肉を食べました。
ビールも、いつも酒席では最初の一杯だけで、日本酒や焼酎のほうが好きな
私も、この日はビールだけをおかわりして飲みました。
ビール園独特の雰囲気もあるでしょうが、おいしいですね(^◇^)

6日間の滞在中、飲食店で感じたのは、節電で照明が暗いこと、営業時間が
いつもより短い店があること。
中には、ずっと休業中のお店もありました。
最終日の16日も、年中無休のラーメン屋さんに行ってみたけど、休みでした。
とにかく開いているお店に、と探して入りました。

北海道といえば、スイーツも大きな楽しみ!
特に、北菓楼のシュークリームを楽しみにしていました。
最終日、本店に行って食べました。
やっぱりおいしい~
カフェにも入りたかったのですが、カフェは20日から営業再開とのこと。
でも、シュークリームを食べ、お土産を買うことができて、それだけでも
ラッキーでした。

コンビニの飲料水などは、店舗によるものの、やはり品薄だなという印象を
受けました。
札幌の大通にある、あるコンビニではコーラのような炭酸飲料はあるものの、
水やお茶は置いていない、というところもありました。
最後、新千歳空港のコンビニに飲み物がほとんどなかったのは、ショック
でしたね。
「入ってこないんですよ」と店員さん。
少しでも早く、回復しますように。
(このときは、自販機では水を売っていたので、それを買いました)。

札幌と、旭川や美瑛などをまわってみて、旭川のほうが、地震の影響を感じ
ることが少なかったです。
もちろん、節電で何となく暗かったですが、買い物は普通にできました。

状況は日々変化していますので、最新情報をチェックするのがいいでしょう。
また、全体的に復旧するまでは、何かのときのための飲料や食べ物は
用意して旅行したほうがいいと思います。

制約はいろいろあるものの、北海道ならではのおいしいものを味わって
楽しむ旅行は、可能です!(^^)!

北海道へ行こう!1 北海道旅行から戻りました

9月11日から今日まで、北海道旅行に行ってきました!

空の旅は、ほとんど関空を利用しますが、今回はたまたま神戸空港から。
出発数日前の北海道の地震で、運航するかどうか心配でしたが、予定通り
でした。
もし関空から海外の旅だったら、予定を変更していたかもしれません。
もちろん北海道の旅も、予定していた行き先を若干変更しました。
余震も感じました。
お店が閉まっていたり、営業時間を短縮したり、飲み物が手に入りにくかっ
たり……いつもと違う点はいくつかありましたが、概ね順調に、楽しく旅行
できました。

台風の被害が大きく出た関西でも、観光客(特に外国人)が激減。
報道によると、北海道も、観光客がかなり減っているみたいですし、
実際旅行していてそれを感じました。
日本人も減っているとは思いますが、外国からのツアーがかなりキャンセル
になっているようです。

このブログを通じ、北海道旅行の様子を伝えられればと思います。
私が体験したのは、ごく限られた時期の、ごく限られた行動範囲での話
ですが、行きたいけど実際どんな感じだろう?と迷っている人もいると
思うので。

全羅南道の見どころ記事もまだ終わっていないので、ちょっとそれが気に
なります。
そちらも、少し間があいてしまうかもしれないけど、またアップしますね。

写真は、美瑛にて。収穫の秋ですね!

2018年9月14日 美瑛収穫の秋


岡田美術館 田中一村の絵画

あと2週間で終わりなんですが、8月末に行ってきた
岡田美術館『田中一村の絵画』展
について、書きたいと思います。

8月に滋賀県にある佐川美術館で田中一村展を見たときのことを、以前
ブログにアップしました。
そのとき、文の最後に、代表作『アダンの海辺』は、岡田美術館で展示され
ていると書きました。
佐川美術館には7月、8月計2回行き、7月の前期の展示で『アダンの海辺』
を見、岡田美術館にうつってからまた見たことになります。
一村の作品はどれも好きですが、やはり『アダンの海辺』は機会があれば、
できるかぎり見たいです。
行きにくいとはいえ、佐川美術館はうちからは日帰りで十分可能。
一方、岡田美術館は、日帰りではキビシイ。
都内の便利なところにある展覧会ならまだしも、箱根まで行くのは気軽な
気持ちでは無理です。
でも実行してしまうくらい、一村の絵画は魅力があります。

とはいっても、佐川美術館の展示のように、一村の作品がずらりと並んでいる
わけではなく、一村の作品の展示は、1階から5階まである展示室の中の、
4階の展示室の一部です。
4階には、一村と同時代の東山魁夷の作品や、時代を超えて通じ合うところ
があるという(展覧会パンフの説明による)、伊藤若冲の作品などが展示
されています。

ここの展示品は、数が多いですね。
人によると思うけれど、私は一度の展覧会で、たくさんの展示品を見るのは、
集中力がとぎれて疲れてしまい、ちょっと苦手です。
都内だと、山種美術館やサントリー美術館、関西だと細見美術館や泉屋
博古館、大和文華館くらいの規模が、ちょうどいいです。
岡田美術館では、展示するのはこの半分でもいいんじゃないかなあと思い
つつ、見ました。
4階で、「もうあきちゃったあ」と友達に言っているおばさんがいたけど、
同感です。
その分チケット安いと助かるなあ。
2,800円は、ちょっと出すのに気合いがいります。
割引に何とかならないかと、小田原駅の観光案内所で割引券のついている
チラシをもらいました。

ここで気をつけなければいけないのは、カメラ、携帯、飲食物の持ち込み
不可ということ。
ロッカーに預けます。
荷物検査があるので、かくしたりできませんよ!
こういう方式は、関西ではちょっとむずかしいかなあと思いましたねえ。
携帯見る人がいないのは、とてもいいことなんですけれどね。
その分?、展示品の前でおしゃべりに夢中になっている人がいました。
あれは、注意してほしいですねえ。
以前、私はそういう客や係員(係の人がおしゃべり!)を注意していたけれど、
実にいやな気分。
最近は、回避しています。
しかし、おしゃべりばかりする人って、高い入館料払って、
何しに来てんだか……

美術館へは、行きは小田原駅からバスで。
子涌園で降りたらすぐです。
帰りは、小涌谷駅から箱根登山鉄道に乗りました。
首都圏の観光地は、バスも列車も本数が多く、便利!
でもそれだけ人は多いです。
平日にもかかわらず、箱根登山鉄道には多くの人が乗っていて、
ずっと座れませんでした。

私は時間がなく、美術館だけ行ってすぐに小田原から都内に向かいました
が、できれば、箱根観光を兼ねて行くといいと思います。
景色は、岡田美術館よりもっと奥に行かないと、あまりきれいじゃないかも
しれません。
またなにか面白そうな展示があるときは、そのときは箱根観光も兼ねて
行ってみたいです。
関西とはまた山並みが違うので、別な魅力があります。

2018年8月31日 岡田美術館

台風21号、うちも停電

4日の台風21号では、大変な被害が出ました。
関西以外の方も、テレビで繰り返し関空の様子が放送されていたので、
その深刻さを感じられたのではと思います。

兵庫県西宮市の我が家も停電しました。
引っ越して2年になりますが、ここに来てから停電は初めてです。
4日午後2時過ぎに突然切れて、復旧したのは12時間半後でした。
半日でも大変だったのに、いまだ復旧していないところもありますから、
停電が長時間に及んでいるお宅は、本当に大変だと思います。

いつごろ復旧するのかわかっていれば、対策もたてやすいのですが、
何せ停電で情報が入らず、さっぱりわかりません。
テレビの情報は、ひたすら停電していない世帯へと届けられます。
携帯でネットニュースを見ようにも、充電できないし、緊急時に家族などと
連絡が取れるよう、あまり消耗させないようにと思うので、むやみに
検索できない。
本当に、情報が入らなくて気持ちが暗く不安になります。
今朝の地震で停電した北海道の方々も、そういう状況だと思います。

西宮では、4日午後、大きな火事も起きました。
停電で冷房や扇風機が使えず、室内は暑くてたまらない。
風がやっと弱くなり、窓を開けようと……そしたら、煙のにおい!
外を見たら、黒煙がもうもうと上がっていました。
窓を閉めていてもにおいが入ってくるので、とても開けられる状態では
ありませんでした。
しかたなく、うちわであおいでいました。

最初、すぐ近くだったら、と思うと、怖かったですね。
情報が入らない中での火事ですから。
煙が、海沿いのほうで、すぐ近くではないとわかり、避難しなくてもいい
ということはそれでわかりました。
が、こんな雨の中、なんで火事が起きたのか、出火場所はどこなのかも
さっぱりわかりません。
高層マンションあたりからの煙だったので、もしかしてマンションが?
とも。

電気が復旧し、安心して充電できるようになってからニュースを見たら、
海辺にある中古車オークション会場で、高潮で冠水した車両が炎上した
ことがわかりました。
今朝の新聞を見たら、約180台も焼けてしまったとのこと。
すごい煙だったし、夕方にはヘリがたくさん飛んでいたわけです。

今回の停電で、改めて、不便になったときにいかに弱いかを痛感しました。
備えをもっとしっかりしておくべきだった、とも。
幸い、飲み物は非常時用にと、ある程度買い置きはしておきました。
東日本大震災、大阪北部地震で、飲み物(特に水)が品薄になったのを
経験しているので。
浄水容器の水が底をついてからは、その買い置きしたのを飲んでいました。
マンションは、停電すると断水してしまうので、本当に不便。
お風呂は少し我慢するとしても、トイレ、飲み水はまったなしです。
ぜいたくをいえば、歯磨きもしづらくなる。
昼間はまだいいとして、暗くなると何もできなくなってしまう。
懐中電燈はありますが、大事なときに使いたいし、そのあかりで本を読む気
にもなれないですしね。

中国留学時、停電は何度も経験したので、少しは免疫があるはずなんです
が、便利なのに慣れすぎちゃうとだめですね。
同じようなことが再び起きたときに慌てないようにするため、今一度対策を
考えなければ、と思っています。
特に、今回のように暑い中での事態。
台風そのものによる被害はなくても、その後の対応のまずさで、体調不良に
なってしまう。
下手すると、命にかかわります。
そうでなくてもこの猛暑で、水分補給をしっかりしないとすぐに体調が悪く
なってしまって、その大切さを感じていたので、しっかりやっていかねば!

台風による被害も、北海道の地震による被害も、早く回復しますように!

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR