FC2ブログ

Entries

祇園祭 自分なりの楽しみ方

昨日7月17日、祇園祭前祭の山鉾巡行が行われました。
あいにく雨の日と重なってしまう年もありますが、昨日は雨に降られることも
なく、また、暑いとはいえ昨夏ほどでなく、よかったです。

祇園祭というと、宵山はもちろん楽しいですが、京都から遠くに住む人の
イメージは、まず山鉾巡行でしょうか。
私も以前はそうでした。
ですので、20代後半京都に住んでいたときは、千葉出身の私にはとても
珍しく、面白く、山鉾巡行には行くもの、という感じで、何度か行きました。

でも、歳とともに、暑い中早くから行って場所を確保して……というのが
しんどくなってしまいました。
あるとき、宵山期間の屏風祭の魅力を知ってからは、そちらを主に楽しむよう
になりました。
そしてそれは今も続いています。
東京、ソウルに住んでいたときは難しかったですが(それでも、ちょうど
7月に関西に来る機会があれば、行けるときは行っていましたが)、
関西に住んでいるかぎりは、ほぼ毎年宵山期間に足を運んでいます。

今年は、16日宵山に、日中行ってきました。
本当は、暗くなってからのほうがきれいなんですけどね。
混雑がつらくて。

混雑はつらい、
でも、祇園祭は楽しみたい

ということで、できるかぎり、平日の日中に行って、山や鉾、屏風祭、
そしてこの時期にいろいろ売られる商品など見るのを楽しんでいます。
これだと、身動きとれないほどの混雑にはなりませんから、比較的自由に
動けていいです。
何年も通っていると、どこに行くときれいな織物などが楽しめるか、
比較的歩きやすいコースは、などわかってきますし。

そして、山鉾巡行は、京都テレビの中継を見ます。
ちょうどソウルから帰国した年だったでしょうか、前祭と後祭が復活して、
2度楽しめるようになりました。
来週の後祭も、宵山には行きたいし、都合が合えば、中継も見たいですね。

京都はどの季節に行ってもそれぞれのよさがあります。
気候的なことや、花や紅葉の美しさを考えたら、春、秋はやはりいいですね。
でも、京都らしさをより感じるのは、夏や冬かなあ。
山鉾巡行の日にちに合わせるのは難しくても、7月は祇園祭の雰囲気が
楽しめますから、京都から遠くに住む人も、ぜひこの時期の京都を体験して
ほしいです。

―おまけ―
上記のような内容は、以前にも書いたかもしれません。
繰り返しになってしまってスミマセン。
また、これから書くことも、以前書いたかも。
ブログも千回近くなると、何を書いたか忘れちゃいますね(^_^;)
首都圏で生まれ育った私には、伝統行事の多い関西の暮らしは、興味深く
楽しいことがいっぱいです。
以前(40前後のころ)堺市に住んでいたときも、だんじり祭が身近になったので、
喜んで見に行っていました。
が、あるとき、目の前で山車が倒れてしまって……
それ以来、全く見に行かなくなってしまいました。
自分の身体の中にこの祭はないんだな、と実感しました。
祇園祭は、20代のころに親しんだ祭。
京都育ちではないので、外側から見てはいますが、やはりより若いころに
親しんだものは、ある程度身体にしみこむのかな、と感じています。

写真は、船鉾です。
2019年7月16日 祇園祭船鉾
スポンサーサイト

萬福寺で蓮花を楽しむ

蒸し暑さがつらい夏ではありますが、夏ならではの花を見るという楽しみも
あります。
特に私が好きなのは、蓮花です。
蓮花は午前中に行かないと見られないので、早起きしなきゃいけないですが、
冬よりは、朝早く出るのは楽ですし、夏の朝行動するのは気持ちいいですね。

ここ数年は、唐招提寺に行っていました。
が、今年はちょっと場所を変えてみよう、と、京都宇治の萬福寺へ!
写真は、お寺の総門です。

2019年7月13日 萬福寺総門

萬福寺訪問は、実に30年ぶりくらい!?
20代後半のころ訪れて以来。
平等院や三室戸寺には行くんですけどね、いつも萬福寺の最寄駅である
黄檗駅(JR、京阪)を通り過ぎていました。

境内には、鉢がずらっと並び、いろいろな種類の蓮花が育てられていました。
訪れたのは、13日土曜日。
散ってしまったものも少なくなかったですが、それでも、普段蓮池などでは
見かけない珍しい花びらのものもあり、楽しめました。

2019年7月13日 萬福寺蓮花1 2019年7月13日 萬福寺蓮花2

下の写真は、お寺の総門入ってすぐのところにある放生池の蓮花。
鮮やかな、きれいな色。
大好きな色です。

2019年7月13日 萬福寺蓮花3

一番好きな花は?と聞かれると、答えに困りますね(^_^;)
以前は迷いなく、「桜」と答えていましたが。
今は、蓮花かな!?
でも、春になったらやっぱり桜って答えるかな。
まあ、そうやって迷うくらい好きです。
蓮花は、日本、中国、朝鮮半島の伝統的な絵でよく題材になりますから、
そういった絵を見るのも楽しいです。


ゾゾマリンスタジアム 紙巻きたばこ禁止に

7月6日、朝日新聞スポーツ欄に、
ロッテ、煙ないスタジアムへ
12球団初 本拠で紙巻きたばこ禁止
という見出しの記事が載りました。

5日、球団から発表があり、26日から実施されるそうです。
喫煙所を9カ所から8カ所に減らし、紙巻きたばこは禁止、加熱式専用に
する。
球場外に、紙巻きたばこが吸える喫煙所は残す、と。

2019年5月31日 ゾゾマリン マウエ

喫煙者には申し訳ないですが、これは、時々野球観戦に行く非喫煙者に
とっては、朗報です。
先日も、ほっともっとフィールド神戸にオリックス対ソフトバンク戦を見に
行ったとき、はじめから終わりまで、場内の喫煙所からと思われるたばこ
の臭いに悩まされました。
この日は混雑が予想されたので、開門前に行って並んで、16時過ぎに入場。
試合ももつれ、終わったのが22時を過ぎましたので、その長い時間ずっと
煙の臭いが(>_<)
時々行く甲子園も、座る場所によって、ずっとたばこの臭いがします。
しばらく席をはずしていた人が帰ってきて、あ、この人たばこ吸ってたんだ
な、と、たばこ嫌いにはちょっとした臭いでもわかり、ちょっと息を止めちゃっ
たりしますね。

12球団初の試みは、千葉市が2018年9月、全国の市町村で初めて
「罰則付きの受動喫煙防止条例」を成立させたことと関係があるようです。
ゾゾマリンはうちからは遠いけど、千葉にいる身内(ファンクラブ会員)と
たまに行くのがとても楽しみな場所なので、よけいにうれしいです。
今月末も、マリンフェスタに行く予定なんですが、紙巻きたばこ禁止実施後
なので、よかったです。

韓国の球場は、どうなんだろう……
飲食店などの喫煙については、住んでいたとき(2011~14)、日本より厳しく
て、日本で飲食店に入るよりは安心して入れました。
が、もともと喫煙者が多いところですから、歩きたばこがすごかったです。
韓国語でいくつかキーワードを入れ、調べてみました。

今年のはうまく探せなかったのですが、2018年5月のKBSニュースに出てい
た記事をちょっと紹介します。(今年変化があったらごめんなさいね)。
チャムシル野球場は、喫煙所が場内に5、場外に3。
でも、禁煙区域で吸う人も少なくない、と。
きまりを守らないで吸っている人に、理由を尋ねたところ、

禁煙区域で吸っている人たちがいるから、自分も。
喫煙所が狭く、人が多いから。
たばこの臭いが服につくから。
だそうです。

2番目の理由は、まだわからないでもないけど(それでも、いけませんけど)。
1、3番目は、なに!?
特に、3番目。
自分で吸っておいて、服に臭いがつくのは嫌なんですね。
だったら、吸わなきゃいいのに。
というか、服がどうこうの前に、あなたの体自体がたばこ臭いですよ!
喫煙者は、近づいてきたらにおいですぐわかりますもんね。

喫煙率はどうなのかな、と思って、調べてみましたが、データによって数字は
違いますので、はっきりはいえないけど、男性の喫煙率は、日韓で同じくらい
か、資料によっては、韓国のほうが高い数字です。
中国の男性の喫煙率が、日韓よりずっと高いですけどね。

―おまけ―
韓国語の記事を見ていて、日韓の漢字語の微妙な違いを感じ、面白いなあと
改めて思いました。
간접흡연 (間接吸煙)
受動喫煙のことですね。
うんうん、とうなずきながら記事を読みながら、あれ、日本語でなんて言ったっ
け?と、受動という言葉がしばらく出てきませんでした。
でも、意味はわかるんですよね。
漢字圏の言葉は、面白い(^^)

↓5月末、ゾゾマリンスタジアムの外野席より。
マリンで初めて外野席に入りました。
開放的で、傾斜も急じゃないし、とっても気に入りました!(^^)!
もちろん、応援しましたよ。
ホークスファン歴が長く、いまも好きですが、いまはロッテの選手の応援歌
のほうが、ずっと詳しいです((^∀^*))
2019年5月31日 ゾゾマリン 外野席

自炊を続けるために……

前回の続きです。
おうちで一人ごはんをより楽しく、を保つためには、自炊をどうやって続けて
いくかがカギ。
料理を続けるのは、そんなに易しいことではないですものね。
めんどうだし。
時々、料理が趣味だという人がいるけど、それは本当によほど好きか、
或いは家事としてやらなくてすんでいるからじゃないかな、と思います。
料理は嫌いじゃないけど、好きとは言いきれないです。
どちらかというと、しんどいなあ、めんどうだなあと思う気持ちのほうがちょっ
と強いですね。
若いときは、そこまでじゃなかったけど、まあ加齢でしんどくなってきたと
いうのもあるでしょうね。

でも、トシをとってきたからこそ、家でちゃんと食べたいなという気持ちが
強くなりました。
というのも、めんどうなのもあってたまに外で一人で食べると、後悔する
ことが増えてきたからなんです。
選ぶメニューにもよりますけど、食べた後お腹が重たい……
これなら家で、簡単に、ほとんど素材のまま食べられるものにすればよかっ
た、と。
なにしろ日本の外食って、揚げものと炭水化物がやたらと多いですから。

なんとか自炊が続いている、基本自炊の生活ができているのはなぜかな、
と考えてみました。
ひとつは、好みの食材を常備していること。
特に、調味料ですね。
塩、醤油、味噌など、なるべく好みのものを切らさないようにしています。
特に助かっているのが、矢木醤油(株)のたつの醤油かつお。
味噌は、味噌汁用の好きなものを、生協や、兵庫県の物産館みたいな
ところで買っています。
黒豆のがおいしいです。
あと、八丁味噌ですね。
料理の味付けが、常にしょうゆか塩、というのでなく、ワンパターン化する
のを防いでくれます。
私ネットで買ったりしないので、名古屋に行ったときに買ってきたりして
います。
和食中心ですが、中華や韓国料理も作るので、豆板醤やコチュジャンなど
も常備しています。

あとは、缶詰、干物類などの保存食品を常備すること、香味野菜を効果的
に使うことでしょうか。
缶詰、サバ缶が品薄になったりもしましたが、ブーム、いつまで続くかな?
でも、重宝しますよね。
私は時々、香味野菜と一緒に、サバ缶を使ってハンバーグみたいなものを
作ります。
干物類では、特に切干大根、あと一品ほしいけど買い物に行くのもちょっと、
というときなど、助かります。

他にもいろいろあるんですが、今回はこの辺で。

豊かな孤食

食事は一人でするより誰かとしたほうがいい、と言われています。
先日も、誰かと一緒に食卓を囲んだほうが、体にも心にもいいという
内容の文を、どこかで見ました。

私も以前は、そう思っていました。
が、今の世の中、今のライフスタイルで、食事は誰かと一緒のことが多い
という人、昔と比べて減っているでしょうし、現実的には、なかなか難しいこと
ではないでしょうか。

一人で食べることが多い生活を続けて、もう何年かなあ……
以前は嫌で、帰宅の遅い家族を夜中まで待って、日付けが変わってから
食べることもありました。
が……

短期間に、何キロも太ってしまいました(>_<)
それに、学校で働いていたので、朝早い生活。
夜型の家族とは、生活時間がかなりずれていました。
合わせていたら、私が病気になっちゃう。
もともと、夜遅い時間の飲食は苦手だし。
そんなこともあり、自分の生活リズム最優先で、食事をするようになりました。
寂しいとかなんだとか、言ってられませんでした。

今ではすっかり慣れました。
もちろん、誰かと一緒に食べるのは好きです。
でも、一人も楽しい。
今は、どちらがいいか、比較できないです。
それぞれの良さがあります。
困るなあと思うのは、田舎一人旅のときですね。
夜、駅の周辺でさえ真っ暗な中、一人で入れる飲食店もほとんどなく。
あるのは居酒屋ばかり。
一人居酒屋はちょっと自信ないし(^_^;)
(それが楽しめたら、旅はもっと楽しいでしょうね)。
博多、名古屋くらいの規模だと、とてもありがたいですね。
一人でも、その土地ならではのおいしいものが、食べやすいですから。

一人家で、というのは、もう全く不便を感じません。
一人分作るのも、そんなにしんどくないですし。
もちろん、中食で済ませるときもありますけど、それはそれで、たまになら
楽しいです。
一人、自分のペースで、たまにはお酒を飲みながら。
韓流ドラマ(特に時代劇)か野球中継があれば、満足です(^^)

野球といえば、子どものころ好きだったのに、いつのころからか見なくなり
ました。
それが復活したのは、一人ごはんの機会が多すぎるからでした。
何も音がないとさみしいから、何気なくテレビをつけていたら、そのうち
またはまっていったという感じですね。
ですので、オフはちょっとさみしくて困ってしまいます(^_^;)

さて、一人ごはんでも何とか自炊を続けるには……
そんな話も、今度書きたいと思います。

―おまけー
以前にもブログで取り上げたことがありますが、一人ごはんなんて以前は
考えられなかった韓国でも、一人ごはんは増えていて、住んでいたころも、
話題になっていました。
ソウルで一人世帯が二人以上世帯を超えた、という報道も語学堂で
勉強しました。
帰国してからもう5年以上経ちますから、一人ごはん事情ももっと進んだ
ことでしょうね。

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR