Entries

『パンダと爆買い』 序章

 「爆買い」という言葉は、今や日本ですっかり定着しました。
 バブルもとっくに終わり、日本人顧客からの高額消費が期待できない中、
中国人を主とした外国人観光客の旺盛な購買力が、不審にあえぐ百貨店
などの救世主となっています。
 訪日客増は、路線価の上昇にも影響を与え、新聞でも話題になりました。
たしかに、大阪の難波、心斎橋方面に行くと、いつも外国人観光客であふれ
かえっています。日本人の私がマイノリティになってしまうほど。少し前まで
は不思議な光景でしたけれど、今はだんだん当たり前になりつつあります。
私の外国人の友人たちも、道頓堀界隈が大好きですね。飲食店もよく知っ
ています。日本人がソウルで、明洞(ミョンドン)に行くような感覚なのでしょう
か?
 外国人観光客、特に中国人の爆買いにより、活気を取り戻し、上向きに
なった店や会社も少なくないでしょう。一方で、島国日本のあちこちに外国
人があふれ、意味不明の大きな声で話す、トイレの使い方が違うなど、戸惑
う日本人も出てきました。街中でまず変わったのは、トイレの使用法について
の外国語表記が増えたことのように感じます。困ること、切実なことから外国
語表記は増えるのでしょうか。
 また、昔ながらの風情ある市場が、商店街が、ドラッグストアや免税店など、
外国人に好まれる店に次々と姿を変え、伝統的な雰囲気がなくなってしまっ
たと憂える人もいるでしょう。もしかしたら、心の中で、外国人、もうこれ以上
増えないで! と願っている人がいるかもしれません。
 私は個人的には、外国人特に中国人の訪日客がこのように増えたことに
対し、うれしい気持ちです。それは、80年代の中国留学を主とした中国での
経験、中国との交流から来ています。以前は、中国人が観光で日本に来る
なんて、到底想像もできませんでしたから。その辺の詳細は、また後で
書きたいと思います。
 さてその爆買いにも、かげりが見えてきました。円高と中国政府の関税
引き上げで、訪日客の3割近くを占める中国人が、値段の高い家電などを
敬遠し始めているそうで、同種の記事やテレビ番組が目につきます。そういっ
た報道を見ながら思ったことのひとつは、
「え!? 爆買いが永遠に続くとでも思っているの!?」
もうひとつは、
「これでひとつ進歩したんだな」。
爆買いの恩恵を受けていた、高額商品を売るお店の人にはごめんなさい、
なのですが。
 円高や中国税制という背景もあるでしょう。が、それだけではないと思い
ます。今まで日本旅行など身近ではなかった人たちが、実際に日本を訪れ、
買いたいものを一通り買い、落ち着いたこと。あとは、日本を自分の目で
見て、舌で味わって、直接体験することによって、もっと日本の文化を知ろう、
と一歩も二歩も深い日本体験の段階に入ったとみていいと思います。

 1962年生まれの私が中国に興味を持ったのは、小学生のときでした。
同世代の人はきっと、上野動物園のランラン、カンカンのパンダブームを
覚えていることでしょう。パンダの存在は、本書のタイトルにするほど、
私にとって大きいものです。パンダをきっかけとして興味をもった中国。
1981年大学に入学し、中国のことをもっと知るため、中国語の勉強を始め
ました。大学在学中の1983年夏には北京に短期留学し、大学卒業後の
1985年秋から一年間、再び北京に留学しました。社会人になってからも、
仕事で、プライベートで、何らかの形で中国と関わりました。そしてそれは、
50代半ばの現在に至るまで、少し疎遠になるときはあっても、縁が切れる
ことなく、中国との関係は続いています。
 それはなぜか? 中国と関わる中で感じていることは? 多くの人に伝え
たい思いは? などなど、これから展開していきたいと思います。

*予告編でも書きましたが、昨秋書いたものなので、訪日客関連のニュース、
今はまた違ったものになってきています。
爆買いという言葉は以前ほど使われなくなり、体験型旅行の話題が増えた
ように思います。
*今回は序章なので1回で書きましたが、これで400字詰め原稿用紙
4枚分くらい。ひとつの話がこれより長い場合もあります。
今後は、長さによって、2回以上に分けて書くこともあります。

どうぞこれからもよろしくお願いします!(^^)!
スポンサーサイト

『パンダと爆買い』 始めます!

今年、どこかで書いたかもしれないのですが、昨秋ある賞に、80年代の中国
留学から今の爆買い、訪日客増加にいたるまでの私の体験や思いを
書いたものを応募しました。
結果は、落選。
忘れかけていたころ、出版社から電話があり、はっきりとは言わないのです
が、あとで書類等が送られてきて、どうも自費出版なら、ということのよう
でした。

お金が有り余るほどあるなら、それもいいでしょう。
が、一度韓国に関する本を、自費出版ではないけど私にとっては少なく
ない額の出資金を出して出版し、出版に関わる裏事情をいろいろわかって
しまった経緯があり、もう多くの出資金を出しての出版はしない、
と決めています。
残念ですが、自費出版をする気持ちはない、とお断りし、出版社を通して
本という形にするのはあきらめました。

その後、仕事が忙しいこともあり、忘れかけていました。
が、連絡があったことで、原稿のことを思い出し、これは、何らかの形で
出していかなければ、と思いました。
いろいろ考え、やはりこのブログに書くのが一番いいのではないかとの
結論にいたりました。

週に1、2回くらいのペースで、カテゴリー『パンダと爆買い』で少しずつ
書いていきたいと思います。
韓国の新聞記事の連載でせっぱつまったときは、ちょっと遅れてしまう
ことがあるかもしれませんが、なるべくペースは守りたいです。
通常書いている記事も、並行して書けたら、と思います。

賞の存在を知ったのが、昨夏。
8月末に引っ越しがあったので、応募しようかどうしようか迷いました。
引っ越し後、書き始めたものの、引っ越し関連ですごく忙しく、体力も
消耗し、体調不良で通院もしていました。
が、いろいろ事情がありどうしても挑戦したかったので、集中して書いた
期間約1ヶ月半で書きあげ、何とか締切にも間に合いました。
落選しても、中国に関わる体験をまとめるいい機会になると思って。

書いたのが昨秋ですので、その後の社会の動きもあり、内容によっては
どうしても修正が必要な部分もあるかと思います。
そういうところは修正して出していきたいです。
が、一応、昨秋書いたのが執筆時期の基準、というのを前提として読んで
いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします!(^^)!

写真は、先日神戸市立王子動物園で撮ったジャイアントパンダのタンタン。

2017年5月21日 神戸市立王子動物園 タンタン

韓国で塗り絵ブック購入

今月はじめのソウル旅では、行けるときに本屋へ! と、
永豊文庫に行きました。

訪韓のときは、ほしい本があって本屋に行くことが多いのですが、今回
ほしかったのは、字が中心の本ではなく、塗り絵です。
趣味の本が置かれているところを探したけど見当たらず、もしかしたらと
思って行ってみたのが、絵本を置いてある所。
ソウルに住んでいたとき、絵本コーナーに、描かれた女の子に、付録の
シールを貼って遊ぶ着せ替えブックみたいなのがあり、友人の子どもへの
プレゼントにしたことがあるので、そのあたりかな……と思って行ったら、
ありました!
しかも、塗り絵のコーナーがしっかりありました。

私がソウルに住んでいたときは、塗り絵ブックのコーナーは、なかった
です。
本屋で売れるジャンルも、日々変化しているんだなと感じます。
日本でもそうですよね。ずいぶん増え、うれしいけど、選ぶのに困って
しまいます。
永豊文庫に置かれていたのは、ひみつの花園など、日本で売られている
ものと共通するものもいくつかあり、また、どちらかというと、ひみつの花園
もそうですけど、洋風のものが主流でした。
私が探し求めていた、民画風のは、多くはなかったです。
でも、しっかり見つけてきました。

本屋に行く前、「塗り絵って韓国語で何ていうんだろう?」
と思いながらも、出発前は忙しくて調べる間もなく。
もし見当たらなかったら、書かれている絵に色を塗る本はどこに? 
とでも聞けばいいかななんて思いながら行きました。
買った塗り絵に書かれていたのは、
컬러링북
コルロリンブク。カラーリングブック、でした。

さて、買ったはいいものの、まったくやる時間がなく、本棚にしまったまま
です。
ひみつの花園も、塗りかけで……
塗り絵しているほうが、精神的には落ち着くんですけどね。
夢中になって、家事や仕事ができなくなるので(^_^;)
なんとかうまくスケジュールを組まなければ。

2017年5月7日1撮影 韓国の塗り絵

一人ごはん、一人酒

先々週ソウルに行ったとき、行きの機内誌で、
혼밥, 혼술
(ホンパプ、ホンスル)
という単語が見出しの中にありました。
ん? どんなメニュー? なんて一瞬アホなことを考えてしまったのですが、
一人ごはん、一人酒のこと。
「혼」は「혼자」(一人で、一人)からきているんですね。

私が住んでいたときも、一人ごはんは話題にはなっていました。
2011年、延世大語学堂に通っていたときも、教科書には1인 가구
(一人世帯)の増加が話題にのぼっていました。
今回読んだ機内誌によると、2015年の調査(日本の国勢調査に当たる
もの)で、世帯全体のうち27.7%が一人世帯。
統計庁によると、2035年には、一人世帯の占める割合は、34.3%にまで
増えるだろうと予測されているそうです。

日本と比べ、一人ごはんのイメージの少ない韓国。
実際、一人で食べる所を探すのに、私も苦労しました。
以前ブログにも書いたかと思いますが、あちこち探し回り、結局入れ
そうな所がなく、適当なお惣菜もなく、夜パンを家で食べたことも
あります。
同時に、いろいろな面から、変化も感じていました。
といっても、一人ごはんが話題にのぼるようになっていたのですから、
珍しい現象と言ったらオーバーですけど、ごく当たり前のことでは
なかったのでしょうね。

でも、社会の変化、人々の考え方の変化もあるでしょうし、
また上述したように、世帯の構成の変化が、食事のとりかたにも
影響を与えているのでしょうね。

機内誌には、周りの目を気にせず一人で入れる食堂の紹介もありました。
また、本屋に行ったら、一人ごはんのレシピも。

本屋に行くと、面白いですね。
完全帰国後韓国を訪れるときは、必ず立ち寄るようにしています。
たとえ買う本がなくても、どんな本が売られているかで、社会の変化が
垣間見えます。
一人ごはん関連の本もそうですけど、私は私らしく、無理に人に合わせ
ない、といった内容の本が、私が住んでいたときより、増えている(というか
目立つ所に置かれている)ようになりました。
時間があれば、こういう本も読んでみたいです。
写真は、ソウル市内の本屋にて。

2017年5月4日 永豊文庫
*CommentList

提灯に彩られたソウル

今年の釈迦誕生日のパレードは、5月3日。
残念ながら4日到着だったので、見られませんでした。
が、ソウルの街は、提灯に彩られていました。
曹渓寺で撮った写真を載せます(^^)

2017年5月4日 曹渓寺1

2017年5月4日 曹渓寺2

2017年5月4日 曹渓寺3

2017年5月4日 曹渓寺4

今年に入ってから、関西のお寺ばかり通っているので、久しぶりに韓国の
お寺にお参りし、鮮やかな提灯を見て、とても新鮮な感じがしました。
ソウルに住んでいたとき、一人であちこち出かけ、眺めのいい散策路や
美術館にいやされたのと同様、お寺で季節ごとにきれいに装飾されている
のを見ることは、私の気持ちを本当に明るくしてくれました。
たまに韓国を訪れ、こうして懐かしい風景を見るのは、うれしいものです♡

ご案内

プロフィール

はこ

Author:はこ
2011年3月~2014年3月の3年間韓国で生活。韓国滞在中の2013年2月に「もっともっと韓国」開始、完全帰国後も大阪からしばらくの間韓国情報を中心に発信してきました。が、帰国後日本、中国語文化圏の情報が増えたこともあり、タイトルを「もっともっとアジア」にしました。より多様な内容で進めていきますので、今後ともよろしくお願いします!
拙著『不思議がいっぱい韓国』もよろしくお願いします!

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR